反日勢力にとって雅子妃らの不行状は宝物.擁護に隠れた皇室自壊工作の罠

0

    ★「雅子妃を悪者にされては困る」「雅子妃に離婚されては困る」勢力.「雅子さま」らを擁護する人々の中に,皇室自壊をたくらむ反日勢力が紛れ込んでいる.
    ★雅子妃の“ご病気”への同情を装って,雅子妃の暴走を温存,ないしはこれに肩入れして皇室自壊をもくろむ工作.
    ★「雅子さまを皇室から解放してあげるべき」の声が無い不思議.
    ★「雅子さま」への保守派の及び腰や思考停止も見抜かれている.保守派が分断される危機.

    ※本スレッドは反日の東宮に対する姿勢についてです.
    保守の東宮擁護についてはこちらです.




    すでに当サイトでも,雅子妃の不行状には「ご病気」だけでは説明のつかないこと,「ご病気」であっても許されないことがあることを示してきている(下記参照).
    公人として恥ずかしいマナーの悪さ,国民感情無視の私益優先の行動や失言,さらに反日思想疑惑など・・・

    言い換えれば小和田雅子氏の入内により,かつてはあり得なかった反皇室的・反社会的皇族が出現したのである.
    そして皇太子殿下までもが同様に反皇室的・反社会的皇族となってきている.

    このような反皇室的・反社会的皇族の雅子妃らを何に例えられるかと言えば,「皇室内の福田康夫」であろう.

    福田康夫の反日ぶりは今更申し上げるまでも無かろう.総理大臣という最も国益を考え国民を思う立場にありながら拉致問題にさえ冷たい大の媚中韓朝反日売国だ.
    逆に雅子妃らも福田康夫と同じである.

    このエントリでは,そんな雅子妃らを反日がどう見ているのか,どうしようとしているのかについて述べたいと思う.
    そこには,「皇室崇敬か反皇室か」という単純な図式ではもはや説明不能な事態があるのだ.
    今や,雅子妃を擁護あるいは支持している者が,両陛下や皇室を崇敬しているとは限らないという状況になっている.
    (高円宮承子女王も反社会的皇族であるが,その件まで考慮すると話が複雑化するのでここでは雅子妃はじめ皇太子一家に関わる話について述べることとする.)



    皇室の問題において,「皇統存続のために女系天皇を」「雅子さまの回復のために宮中祭祀の廃止を」と叫ぶ勢力の中に皇統断絶をもくろむ勢力が紛れ込んでいることは皆様もご存知であろう.

    これは別の例で言うなら「戦争反対!」「9条守れ!」「無防備都市宣言だ!」と主張する人々や,「人権」「少年法」を叫ぶ人々の中に,別の政治的意図=反日・日本国解体の意図を持った反日勢力が紛れ込んでいるのと同じ構図である.

    しかし,皇室問題ではさらにもう1つ,警戒しなければならない勢力がある.
    「雅子さま」(そして「皇太子さま」「愛子さま」さらには小和田一族;以下同様とご理解いただきたい)の不行状を擁護する人々の中に,方々の不行状を温存し,これに肩入れして皇室の自壊をたくらむ反日勢力が紛れ込んでいるのだ.繰り返すが,これは雅子妃(小和田雅子)という反皇室的・反社会的な不行状皇族の出現によって現れた手口・勢力である.
    (これを東宮擁護型反皇室と呼ぶことにしたいが,長ったらしいのでこのエントリでは単に「擁護型」と呼ぶことにしたい)

    もちろんその一方で,「雅子さま」らの不行状への批判をそのまま皇室批判に摩り替える,あるいは転化していく勢力もある.
    (これを東宮批判型反皇室と呼ぶことにしたいが,単に「批判型」と呼ぶことにしたい)

    それぞれを左翼をはじめとする反日の好きな支配対被支配の構図で考えると以下のようになろう.

    「擁護型」は「皇室に虐げられる雅子妃」を被支配側に位置づけ,皇室や両陛下,宮内庁,場合によって
    は秋篠宮ご一家までも支配側に位置づける.八木秀次先生の表現を借りれば,雅子妃のご病気を人質に皇室制度を否定している勢力とも言える.
    この代表格が「プリンセス・マサコ」の作者,ベン・ヒルズ(「宮内庁は雅子妃に謝れ」の暴言)である.
    これは反皇室的な行状を繰り返す雅子妃らをこれ幸いと利用する勢力と,「敵の敵は友」式にシンパシーを感じる勢力とがある.

    「批判型」は不行状を繰り返す雅子妃らもまた支配側と位置づけ,権力の横暴のようにみなす.
    最近の例ではAERA年末年始号の「雅子さまへの20の質問状」がこの類型に当たる.

    このエントリでは主にこの「擁護型」について述べたい.



    まず,この擁護型のサイトや,サイト内の発言者についてあげる.

    1.サイト管理人が東宮擁護を装う皇室自壊工作員.

    川西玲子(URL不明)

    たろと蜂の巣

    http://blog.livedoor.jp/tarotohachinosu/archives/2006-11.html

    皇居の落書き
    http://blog.goo.ne.jp/nishidauritarou

    daily_diary

    http://blog.livedoor.jp/daily_diary/

    佐藤聖子さん日記

    http://satoseiko.blog14.fc2.com/blog-entry-222.html#comment215

    2.皇室自壊工作員がコメント欄に現れたサイト

    WILLブログのエントリ

    http://monthly-will.cocolog-nifty.com/log/2008/06/post_5288.html

    「ゆう」「こま」他

    雅子さま巡る記事が相次ぐ 「私的なお出かけ」批判も
    http://www.j-cast.com/2007/12/25014961.html?ly=cm&p=1

    療養5年目・雅子さまへのバッシング=真鍋光之(社会部) 

    https://my-mai.mainichi.co.jp/mymai/modules/weblog_eye103/details.php?blog_id=509#comment


    こういった連中の特徴は以下のとおりだ.

    1)雅子妃らが公人であることを故意に無視して,雅子妃問題を一般家庭と同じ視点で捉えさせようとしている.

    2)話の流れが雅子妃の非の話に向かおうとすると,さり気なく話の方向を変えていこうと誘導しにかかる.

    3)雅子妃の妃の事実を突きつけると「雅子さまだけが悪いんですか」などと必死にもみ消そうとしたり,話をそらそうとする.

    例:雅子妃の国連大学の話を出す→「皇室の左傾化? 両陛下が「あなたを忘れない」を見に行ったときは引きましたけど」
    「雅子さまに限らず紀子様や他の・・・・」

    あるいは故意に話のポイントを無視した回答をして,傍から読んでいる第三者にはこちらの主張せんとすることを誤解させたり,場合によっては議論相手に第三者が抱く印象を悪くさせるなどの詐術が仕組まれている.

    例:「雅子妃が(当時赤ちゃんだった)愛子内親王の股間をつかんでいる(という無作法)」→「(その無作法を無視して)子供の抱き

    方まで文句をつけられたのでは心を病むのは当たり前です!」

    ・雅子妃の「ご病気」であることを考慮し差し引いても説明できない,許されない非について問いかけられると,

    4)問いかけを無視して「雅子さまのご病気は人には理解されないもの」と強調したり「ご病気」「ご病気」と叫んでかき消そうとする.

    5)「もう雅子さまを皇室から解放してあげて」
    「新たな人生を歩ませてあげて」

    とは絶対に言わない.しかもさらに驚くのは,「天皇制が皇族の人権を侵害している,皇族を解放すべきだ」(上野千鶴子らが)的な主張は存在することだ.

    6)愛国的東宮批判派を中傷するなど必死に貶めにかかっている.

    ここに彼らの本心が表れている.

    反日らは雅子妃らが皇室を自壊させてくれることに期待しているのである.
    次代の天皇皇后両陛下自ら皇室を自壊させてくれるとなれば,反日にとっては次代の両陛下の不行状は最高の宝物である.
    だから何が何でも彼らの不行状を温存しておきたいのだ.

    だから,雅子妃らの度重なる不行状に国民が「何かおかしいぞ」と感じ始めていることに危機感を抱き,国民の
    目を雅子妃の非についての情報から必死にそらそうとしてきている.

    最近ではこちらの皇室画像掲示板

    http://www.yuko2ch.net/mako/mako/mako1.htm

    にも連日執拗な工作が仕掛けられている.

    「昭和天皇は雅子さまを愛しておられた」
    「愛子様は第127代天皇陛下」

    などというでたらめや,秋篠宮後一家に対する執拗な中傷が続いている.
    つい先日には東宮批判を装って,「悠仁さまの御世を待ちましょう.徳仁のことは我慢して」などという工作まで持ち出されていた.

    「雅子さまを悪者にされては困る」
    「雅子さまの非を暴かれては困る」
    「雅子さまに離婚されては困る」

    が連中の本心なのだ.

    ここで1つ,
    月刊「WiLL」編集部ブログ:オトナのジョーシキ 様から名言を1つ引用したい.

    http://monthly-will.cocolog-nifty.com/log/2008/06/post_5288.html#comment-31814153

    >>

    雅子さんを巡る問題は普通の感覚で考えるよりもっと根深く、雅子さん本人だけでなくその背後にある団体や利用しようとする輩がいる事は事実だと思います。

    例えばネットの書き込み。
    雅子さんに不利な事が書かれると必死で打ち消そうとする人が居る、そう言う専従の人間がいるということも事実だと思います。
    そしてそれは外交機密費が使われているという事も聞きました。
    その人達は雅子さんに都合が悪い事が書かれるとすぐ出てきてその事実から逸らせようとする事。別の事へ内容を誘導しようとする事等は日常的にあるようです。
    こう言うコメント欄にも延々と貼り付いてすぐ否定したり反論する人がいると疑います。
    このコメント欄にも一時期からずっと出てきて雅子さんを否定するコメントが入るたびにアンカーを付けて否定する・・・

    私は工作員と言う言葉は使いたくありませんが、小和田家はそう言われても仕方ない位汚らしい野望と悪事がついて回る一家だと思います。雅子さんご本人はただの無能なアマちゃんだと思いますけど・・・

    遺棄化学兵器に関して検察が頑張り始めていますが、徹底して追及して欲しいです。
    Willの編集部の方もどんどん公表して欲しいと思います。

    投稿 50代  | 2008-06-07 09:25

    <<

    さて,「擁護型」の工作勢力の将来的な筋書きは二通りあるだろう.
    次代の両陛下の御世になったとき,「ご皇族自ら庶民化されたではないか」と保守を押さえ込む.
    あるいは一気にはしごをはずし,「批判型」に切り替える.

    さらに言えば現在でさえも皇室に対して「擁護型」と「批判型」のどちらの攻撃でもできるわけだから,反日にとっては笑いが止まらないだろう.実際,週刊現代あたりは両方を上手に使い分けているようだ.

    福田康夫を反日勢力がどう扱うかについても2通りあって,福田康夫の反日性に肩入れし利用しようとする工作と,福田康夫を権力=悪と見なして攻撃する工作との両方が行われている.雅子妃らについても同様の手口が行われてもおかしくない.

    いずれにせよ,このような,「敵方に潜む獅子身中の虫」は左翼にとっては実にありがたい話だ.



    これに対するべき保守派はどうだろうか?

    福田康夫を信頼する保守派はまずいないと思うが,雅子妃に対してはまだ少なからぬ保守派がお人好しで,「雅子さま=善」と信じきってしまっている.

    雅子妃や皇太子(東宮)一家に対する批判=皇室攻撃

    という決め付けをしている人が少なくない
    .

    別エントリでも述べたが,特に保守派は「雅子さま」=「善」という教条主義に陥ってしまって,「雅子さまがそんなことをなさるはずがない,お考えになるはずがない」と思考停止してしまっている.

    だから保守派は「擁護型」の存在も認識できない.

    (詳しくは下記エントリをごらんいただきたい)
    http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/entry/211117/

    反日はそんな保守派の「雅子さま」らに対するお人よしぶりや臆病さも見抜いており,保守派を分断しようとする工作までも仕掛けてきている.

    このような事態を招いたのは不行状を重ねる雅子妃ら自身の責任,そして保守派の及び腰,お人よしといっても過言ではない.



    関連エントリ

    「雅子さま(はご病気)」で思考停止・教条主義に陥る御仁.保守派にも少なくない

    http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/entry/211117/

    「皇太子夫妻は最高の公人」を忘れた人々,そしてご本人達,そしてそこに付け入る皇室解体工作 

    http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/entry/460978/

    雅子妃問題に対する保守派の思考停止もまた皇室破壊勢力の餌食になる[4/19] 

    http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/entry/534561/

    雅子妃の位置付けは正反対:「AERA『雅子さまへ20の質問状』」と「プリンセス・マサコ」 

    その他の関連エントリ

    東宮問題についての論調もどこかおかしい 

    http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/folder/22306/

    雅子妃の暴走を温存しようとする反日工作員 

    http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/list/folder/70488/

    本サイトのその他のエントリ(イザ!本局)

    http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/list


    【再録】工作は私たちが考えているほど甘くはない:雅子妃問題に限りませんが

    0

      雅子妃問題,北朝鮮問題をはじめとする諸問題で,反日勢力が仕掛けてくる工作・・・
      これについてWILLブログ様に書かせていただいたものを再掲したいと思います.
      (どういう流れでこの文を書いたかは下記のURLからご覧ください)

      http://monthly-will.cocolog-nifty.com/log/2008/06/post_40f6.html#comment-32467167

      瀬尾様
      ご無沙汰しております.

      先に書かせていただきました,工作員(このテーマでは雅子妃や皇太子の不行状を温存しようとする工作ですが)ということについて書かせてください.

      ここで改めて・・・
      工作というのは政治的な意図を持って自分たちサイドに有利な方向に議論・世論の誘導を図る行為であり,工作員とはそれを行うものであるわけです.

      誰かさんが私が現実の世界で云々と書いたからというわけではないのですが,まず私の実社会で見てきた工作の例を挙げさせていただきます.

      小学校の頃,近所の家族ぐるみ親しいお宅のご主人(議員などではない一般の方)が「日本の歴史と伝統を大事にしよう」という活動をしておられました.その方は反日連中(私が大きくなってから聞きました)から睨まれて,連中としばしばやり合っていました.
      ひどいときには午前0時近くに家まで押しかけられていて,その言い合いが,私の家まで聞こえてきていました.ちなみにその連中は私の小学校周辺でもビラ配りをやっていました.
      子供だったので「日の丸反対!」「戦争反対!」ぐらいしか記憶にないのですが,実はその連中の中には私が親しくしている子のお母さんも何人かいて,子供心にショックだったのを覚えています.
      今にして思えばそういう連中は一見普通の人を装って政治活動を行うプロ市民だったのです.

      もう1つは社会人になってからの最近の例ですが,私の勤め先の労組に某左翼系団体の構成員がおりました.彼に賛同する者はごくわずかでしたが,実に悪知恵の働く人物でした.
      ミーティングの場などでもしばしば議論を撹乱しており,そのことも含めて上の方も対応にずいぶんと苦慮していました.私も同じミーティングに何度か出ていますが,議論の中での詐術に長けており,さり気なく論点を摩り替えたり,上の方の言葉のわずかな曖昧さを突いて上の方を罠にはめようとするなど,再三議論を撹乱しようとしてきました.

      私自身もエレベータで彼と乗り合わせると身の危険を感じたほどでした.

      昨年になって彼がいささかまずい失敗をし,上の方も巧妙に対策を立てて彼を追求してこてんぱんにし,やっと退職に追い込むことができました.

      以上が私が実社会で見聞きした工作の事例です.
      私が工作(員)に敏感なのはネット上の経験だけでなく,そういった実社会の経験もしているからです.

      顔の見える,というか顔をつき合わせているリアルの社会でさえこうなのですから, 顔の見えない,個人特定のやりにくいインターネット上ではさらに工作が行われて当然でしょう.

      敵は議論の対象となる現場だけにいるのではなく,議論の場にも入り込んできているのです.
      普通の投稿者の中に,議論対象の関係者もしくはシンパが紛れ込んでいる.

      こちら様において竹田氏支持のコメントの中に,明らかに同一人物によるものがあったのも工作の1つでしょう.

      現実の社会でも同様のことがありました.
      2002年10月15日,北朝鮮拉致被害者の出迎えの群衆の中に朝鮮総連関係者が紛れ込んでいた,という件です.

      工作にはあからさまなものもあればさり気ないものもあります.
      文面によるものもあれば中身のない中傷もあります.

      しかし,そこに共通するものは,
      「何とかして…」「何とか少しでも…」という執念です.

      手を変え品を変え,どこまでも執念深く絡んでくる.
      たとえ何年かかろうと,絶対に己の政治目的をあきらめない.
      まさかと思うようなところに仕掛けてくる.

      こういった反日工作員たちの悪知恵,執拗さ,そして政治目的実現への執念・・・敵は私たちが考えているほど甘くはありません.

      貴誌にもそういった認識の下に戦っていただきたいと思います.

      投稿 ブルーフォックス@工作は私たちが考えているほど甘くはない | 2008-07-20 09:42

      関連エントリ

      http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/entry/392023/

      本サイトの全エントリ

      http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/list

      (夏場から忙しくなりなかなか新しい文を書く暇がないので申し訳ないのですが, 重要なことと思うので再度書かせていただきました)



      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << April 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent trackback

      • 月刊WILL5,6月号西尾幹二先生ご論文を読んで:徳仁”反日天皇・左翼天皇・人権派天皇”の恐怖
        ド素人が行く!!
      • 月刊WILL5,6月号西尾幹二先生ご論文を読んで:徳仁”反日天皇・左翼天皇・人権派天皇”の恐怖
        ド素人が行く!!

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM

      言論の自由空洞化を狙った、人権侵害救済法案が閣議決定されてしまいました。断固として阻止しましょう!下記はたちあがれ日本サイト様のPDFチラシを1画像にまとめたものです。

      Photo

      皇祖神よ、八百万の神々よ、歴代天皇陛下よ、何とぞ日本国に未来を与えたまえ!!

      Photo_2 Photo Photo_3 Photo