「徳仁反日創価天皇」即位阻止を![前]日本を軽んじる「反日に組する天皇」でよいのか?

0
    JUGEMテーマ:ニュース
     

    ●皇室典範残って皇室滅ぶ、にしてはならない(注:女系天皇のことではない)

    ●もし「徳仁天皇」が「愛子を天皇に」と発言したら?

    本日2月23日は徳仁皇太子の誕生日である。当然記者会見の模様は報じられることになる。まず、記者会見の前に前半を書き、記者会見後に後半を書くこととしたい。

    一部の「皇太子さま」で思考停止する教条主義的な保守系ブロガーなどは手放しでお祝いすることであろうが、私は祝うことを拒否する。もっとも私は雅子妃や愛子内親王にも祝いなど書いていないわけだが。

    すでに他のブロガーの方々も指摘されているように、皇太子の無神経発言に代表される皇族としての無自覚、不適格さは目を覆うばかりであった。(背が低いことをあげつらう人もいるが、これは本人の責任ではないので仕方のないことだ)さらに昨年は、創価学会の行事に出席するという神道の祭祀長としてあるまじき反日行為に走っている。

    次代天皇が反日化する・・・考えただけでも恐ろしい話ではないか。

    ここで、興味深い他所様の記事を引用させていただきたい。

    日本が好きなだけなんだよ 様 2008年12月8日付け

    宮内庁に外務省出身者は不要

    http://koramu2.blog59.fc2.com/blog-entry-296.html

    【ここから】

    世間を騒がした女性天皇論議は悠仁親王殿下の御誕生で一時的に棚上げになったが、反日勢力の意のままになる皇太子妃の送り込みには成功しており、徳仁天皇即位時にはいろいろな意味で反日勢力のホープである雅子妃が猛威を振るうことが予想されている。マスコミが男系継承の件に一切触れないところを見ると、徳仁天皇即位に合わせて再び女帝キャンペーンを行う予定なのかもしれない。現在、皇室は雅子妃のわがままに翻弄されており、皇太子は雅子妃の言いなりである。

    皇太子が天皇に即位すれば、わがままな皇后の言いなりになる反日勢力の傀儡たる天皇が誕生することになる。政治的な発言を極力控えておられる現在の天皇陛下と違い、徳仁天皇はマスコミの前で何を発言するか予想がつかない。なにせ事情もろくに説明せずに「雅子の人格が否定された」とおっしゃる御方であり、悠仁親王殿下が誕生して2年も経過しているのに、いまだに男系継承支持の発言すらしていないのである。これでは皇統断絶の意図ありと推察されても仕方がないありさまだ。

    仮に皇太子が天皇に即位した後、雅子妃や外務省からの出向職員にそそのかされて「愛子を天皇に」と公式にコメントした場合、その影響は計り知れず、マスコミが大々的にキャンペーンを張って保守層を押さえ込むのは目に見えており、臣下の立場となった秋篠宮家や他の宮家は反論も難しくなるだろう。一体誰が時の天皇の発言に異を唱えるというのだろうか?錦の御旗を手に入れた民主党やその他野党が、天皇家を潰すチャンスが到来したとばかりに皇室典範の改正案を嬉々として国会に提出することだろう。民主党が与党になっていれば阻むものとておらず、国籍法改悪の例を見ても分かるとおり、国民がどんなに反対しようとも強行に採決を行ってしまうことは目に見えている。

    【ここまで】

    >反日勢力のホープ

    だけでも上手い表現と関心申し上げた。そしてこれは徳仁皇太子や愛子内親王についても言える。この3名は、日本の伝統文化の中枢たる皇族どころか悪しき戦後民主主義教育・自虐史観教育の落とし子と言ってもよいありさまである。

    上記の管理人様が書かれているように、皇太子が「愛子を天皇に」と発言すれば、あの「冨田メモ」や「卜部日記」などものの数ではあるまい。当事者がすでに亡くなっていくらでも捏造できるものと違い、弁解の仕様がない事態に陥るだろう。さらに言えば、これは現在の日本政府を縛っている悪しき公式見解「村山談話」「河野談話」の皇室版といってもよく、将来にわたって日本国に禍根を残す事態となりかねない。

    このままでは数十年先に「反日に組する天皇・皇后」「自らも反日思想を持った天皇・皇后」「日本と皇室を軽んじる天皇・皇后」が誕生しかねない。

    雅子妃の反日ぶりについてはすでに何度も触れてきているが、徳仁皇太子自身も反日化している危険が十分にある。

    反日に喜ばれ、保守を困らせる天皇…でよいのか!?

    皇室典範どおりに徳仁皇太子に皇位を継承させたために、皇室が国民の敬意を失い、かつ反日思想に乗っ取られてしまってもよいのだろうか。「9条残って国滅ぶ」でよいのか、というのと同じ理屈だ。皇室典範残って皇室滅ぶ、でよいのだろうか(注:もちろん女系天皇を認めろということではない)

    私は徳仁反日皇太子を認めない。まして「徳仁創価反日天皇」など断じて許さない。

    それでは記者会見終了後、後半を書くこととします。

    【関連エントリ】

    月刊WILL5,6月号西尾幹二先生ご論文を読んで:徳仁”反日天皇・左翼天皇・人権派天皇”の恐怖

    http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/entry/156558/

    事実なら次代「創価天皇」の恐怖:ブラジル訪問中の皇太子殿下,現地で鳥居をくぐることを拒否か?

    http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/entry/618415/

    皇太子がブラジル訪問時に池田大作長男とともに創価学会関与行事に臨席 

    http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/entry/628524/

    ★以下のとおり第2ロゴをリニューアルしました。

    ↓雅子妃・小和田一族・愛子内親王・皇太子の非常識言動・反日言動の証拠写真・動画はこちらでごらんください

    皇室全般画像掲示板 様

    http://www.yuko2ch.net/mako/makok/makok.htm

    ↓本サイトの全エントリ(イザ!本局)はこちらです.

    http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/list


    雅子妃の父・小和田恒は売国奴です:「A級戦犯」「日本ハンディキャップ論」「創価学会への配慮」[2/7修正]

    0

      皆様は,小和田恒という人物をご存知だろう.
      雅子皇太子妃殿下の実父である.愛子内親王殿下の外祖父でもある.皇太子殿下の義父である.このほど国際司法裁判長に当選したとか。

      http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090206/plc0902062314018-n1.htm

      http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/219863/

      正直に申して歓迎しかねる。いや、日本の国益を害されるのではないかと懸念する。

      この小和田恒がどのような人物かご存知な方は意外に少ないのではないだろうか? 皇太子妃殿下の実父だからさぞ日本を思う心に溢れている、と思っている方も少なくないのではないか?「雅子さま」で思考停止してしまう人が保守派にも少なくないのが実情だし・・・。

      とんでもない!

      小和田恒とは保守派にとっては到底許しがたい反日・売国官僚である.
      福田康夫,山崎拓,加藤紘一らと同類なのだ.

      以下にそれを列記したい。

      1.A級戦犯を戦争犯罪人と“断罪”.
      女系天皇実現にも関与の疑い.

      株式日記と経済展望様より

      小和田恒条約局長(雅子妃の父君)は女系天皇の仕掛け人?
      http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/f498b6d23fc6578c8328b1187d1c605c

      こちらに引用されている資料は昭和60年11月8日(火)
      第103回国会 衆議院外務委員会 第1号抜粋とのこと.

      こちらにおける小和田恒の発言,「平和に対する罪」という言が再三・・・

      ちなみに「土井たか子 "小和田恒"」で検索すると↓

      http://www.google.co.jp/searchωas_q=+%E5%9C%9F%E4%BA%95%E3%81%9F%E3%81%8B%E5%AD%90&hl=ja&num=100&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&as_epq=%E5%B0%8F%E5%92%8C%E7%94%B0%E6%81%92+&as_oq=&as_eq=&lr=&as_ft=i&as_filetype=&as_qdr=all&as_occt=any&as_dt=i&as_sitesearch=&as_rights=

      2.「日本ハンディキャップ論」

      これは,日本は昔悪いことをしたのだから自己主張をしてはいけない・・・ということ.

      ちなみに「"日本ハンディキャップ論" 小和田恒」で検索すると

      http://www.google.co.jp/search?as_q=+%E5%B0%8F%E5%92%8C%E7%94%B0%E6%81%92&hl=ja&num=100&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&as_epq=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%97%E8%AB%96&as_oq=&as_eq=&lr=&cr=&as_ft=i&as_filetype=&as_qdr=all&as_occt=any&as_dt=i&as_sitesearch=&as_rights=

      3.福田康夫との蜜月

      ご参考
      特亜を斬る

      福田「総理」でおこる女帝論争
      http://killkorea.iza.ne.jp/blog/entry/301254

      において
      >>小和田家と福田の繋がり・・・

      で指摘くださっています.

      4.第8回日韓フォーラムへの参加者に小和田恒の氏名がしっかり出ていました.
      売国奴・加藤紘一や朝日新聞の極左コラムニスト・若宮の名も.

      http://www.jcie.or.jp/japan/gt/n00/8thkjf.html


      5.創価学会が小和田恒に送った「池田大作特別待遇要請書」

      ちなみにこの件は第134回国会 宗教法人等に関する特別委員会 第3号でも追求されている。

      http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/134/1177/13411271177003c.html

      >>

      それから、ちょっと外務大臣にお尋ねいたしますけれども、実は一九八八年の一月六日付で、八八年ですから昭和六十二年ですか、創価学会の事務総長原田稔さん、この方から当時の外務省官房長の小和田恒さんあてに、「本年一月末より二月中旬にかけて、創価学会インタナショナル一SGI)会長・池田大作(創価学会名誉会長)一行が教育・文化交流のため、香港並びにアセアン三ケ国(タイ・マレーシア・シンガポール)を約二週間にわたり、下記の日程で訪問する予定です。
       何卒宜しくお願い申しあげます。」ということで、メンバーは、池田大作創価学会インタナショナル会長・創価学会名誉会長、池田かね同夫人、池田博正同子息、創価学会副青年部長。これは、何か奥さんと家族ぐるみで訪問をするから、外務省の官房長によろしく頼むと言っているんですね。
       これに対してどう対応なさったか。まだいるんですよ、ほかにも。原田さんという方、鈴木さん、長谷川さん、高沢さん。全部で七人。一行七人が、一月二十七日、秋谷栄之助SGI理事長も同行しますと、こう書いてございますから総勢八人になったんですか、そういうことでスケジュールは一月二十八日、大阪から香港へ行きましてずっと回りまして、成田着が二月十四日ということですから二週間以上に及ぶ旅行だと思いますけれども、これに対して、通常の言葉でいわば便宜供与の依頼だと思うんですけれども、どんな便宜をお与えになったのか、ちょっとその対応ぶりについてお教えをいただきたいと思います。
      ○政府委員(池田維君) お答えを申し上げます。
       外務省で通常行っておりますいわゆる便宜供与につきましては、文書の規定上約五年間の保存ということになっておりますが、先ほど御指摘されました文書あるいはその便宜供与の内容につきましては、私ども調査をいたしましたが、文書規定がそうなっておりますので、記録が残っていないということで確認ができないわけでございます。
      ○関根則之君 私は何も文書を読んでくれと言ったんじゃないんで、そのときの対応の概略でいいですから、そもそもこの文書に対して実質的に、例えば駅に出迎えに行ったのか旅館の手配をしたのか、あるいは車を提供して空港から旅館まで送り迎えといいますか、そういう便宜をしたのか、あるいは外交先の現地の、これは文化、教育ということを目的としていますから、そういうことがあったのかなかったのかだけで結構ですから説明をしてください。
      ○国務大臣(河野洋平君) 官房長からお答えいたしましたとおり、何分古いものでございますから正確にはお答えができませんが、一般的なことを申し上げれば、外務省の出先機関は交通分社でもなければそうしたことをすることが本来の仕事ではございませんから、旅館の手配をするとか送り迎えのためにそうした人員が配置してあるわけではないということだけは申し上げていいと思います。
      ○関根則之君 そうすると、この旅行に関して、外務省の在外公館の車を使ってもらったとか、それから旅館の手配のあっせんをしたとか、そういうことは一切ないというふうにお答えをいただいたということでございますか。
      ○国務大臣(河野洋平君) 今申し上げましたように、古いものでございますから、御指摘の問題についてお答えを申し上げるというだけの資料を私は持っておりませんので、一般的にと申し上げたわけでございます。
      ○関根則之君 一般的にはそのために置いているんではないということだけれども、そのために置いているわけではないけれども実際やっている場合があるんです、外務省は。我々もお世話になることはあるんです。しかし、これは大体公務ですから一向に差し支えないと思います。
       そういう本来の在外公館の設置目的はそうではないということを大臣はお答えになったにすぎないので、そういう目的ではあるけれども、実際にこの池田大作さん御一行がおいでになったときにどうであったかということはわからないと、こういうことですね。それでは、ぜひそういうことも実は私ははっきりと解明する必要があると思うんです、実際どうだったかというのは行っている人はわかっているんですから。
       そういう意味で、実は重大なのは、憲法二十条第三項、よく出てきますけれども、これは国の方からの宗教的活動をしてはならないという規定。その裏腹の問題として、憲法八十九条に「公金その他の公の財産は、宗教上の組織若しくは団体の使用、便益若しくは維持のためこ「これを支出し、又はその利用に供してはならない。」、こういう条文があります。
       そういうことから、在外公館の財産、お金を出したということはないかもしれませんけれども、財産なり自動車という動産が使われたということになりますと、これは直接憲法問題にもかかわるんですよ。政教分離という物の考え方のもとに、公金は宗教団体のために使っちゃいけない、公の財産を使ってもだめよということがきちっと書いてある、我々の憲法に。その憲法にも抵触する可能性があるわけでございますので、ぜひこの辺を解明いたしたいと思いますので、先ほど申し上げたこれらの方々を含めて参考人としてここでお話を伺いたい、そう思っておりますので、委員長さん、そこまで参考人お願いしたいと思いますが、いかがでしょうか。
      ○委員長(佐々木満君) 後刻、理事会で協議をいたします。
      ○関根則之君 十分ひとつ御協議をいただいて、疑問が解明をされますようにお取り計らいをお願い申し上げます。
      <<

      6.竹島に関連して

      「竹島 "小和田恒 "」で検索すると↓
      http://www.google.co.jp/searchωnum=100&hl=ja&as_qdr=all&q=%22%E5%B0%8F%E5%92%8C%E7%94%B0%E6%81%92%22+%E7%AB%B9%E5%B3%B6&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

      小和田恒氏は竹島問題でも韓国の肩を持っているらしいですね.

      7.韓国政府が雅子妃殿下と愛子内親王殿下の銅像をハワイのオアフ島に





      (現在は消滅)
      http://www.cunninghamphotos.com/Korean.html

      あの反日国家が何故?
      しかも↓写真のファイル名は

      http://www.cunninghamphotos.com/KoreanPrincessBaby.jpg

      「コリアンプリンセスベビー」でした

      上記のことと小和田恒氏のことが無関係と言えるでしょうか?(重複しますが)いや,それだけではないのかも…

      小和田恒は保守派のそして日本国の敵です.
      何故そんな家から次期皇后が…

      仮にチッソの孫でなかったとしても,こんな売国官僚の家から伴侶をと望んだ皇太子殿下の罪は重大である.

      【親エントリ】
      雅子妃殿下の反日性・左翼性…反日皇后・左翼天皇誕生の危機

      http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/entry/108472/


      【関連エントリ】

      http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/entry/302236/

      その他のエントリ(イザ!本局)
      http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/list


      加地伸行先生の1月6日付「正論」お見事な東宮批判,東宮支持派批判;しかるにイザ!は加地正論を言論封殺

      0

        産経新聞【正論】欄では「天皇の20年」と題して5,6,7日と3日連続の連載がなされた。

        【正論】天皇の20年 文芸批評家・都留文科大学教授・新保祐司 泰然として動じないもの

        http://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/090105/imp0901050247001-n1.htm

        【正論】天皇の20年 立命館大学教授、大阪大学名誉教授 加地伸行 天子に争臣七人有れば…

        http://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/090106/imp0901060314000-n1.htm

        【正論】天皇の20年 作家、元文化庁長官・三浦朱門 国際的にも立派な国・日本 http://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/090107/imp0901070238001-n1.htm

        その中でも秀逸なのは6日の加地伸行先生のご論文である。

        【正論】天皇の20年 立命館大学教授、大阪大学名誉教授 加地伸行 天子に争臣七人有れば…

        http://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/090106/imp0901060314000-n1.htm

        私が我が意を得たりと思った部分を引用申し上げる。

        >> ≪皇室は無謬ではない≫

         昨年、西尾幹二氏に始まり、現在の皇室について論争があった。その詳細は十分には心得ないが、西尾氏は私より1歳年長であり、〈勝ち抜く僕ら少国民〉の心情は同じであろう。皇室への敬意に基づく主張である。

         その批判者に二傾向、(1)皇室無謬(むびゅう)派(皇室は常に正しいとするいわゆるウヨク)、(2)皇室マイホーム派(いわゆるリベラルやサヨク)がある。

        私は皇室の無謬派こそ皇室を誤らせると思っている。

         歴代の皇室では皇族の学問初めの教科書に儒教の『孝経(こうきょう)』を選ぶことが圧倒的に多かった。なぜか。

         『孝経』は、もちろん孝について、延(ひ)いては忠について教えることが大目的であるが、もう一つ目的があった。

         それは臣下の諫言(かんげん)を受け入れることを述べる諫争章を教えることである。

         皇室は無謬ではない。諫言を受容してこそ安泰である。そのことを幼少より学問の初めとして『孝経』によって学ばれたのである。諫言−皇室はそれを理解されよ。

         一方、皇室のありかたをわれわれ庶民の生活と同じように考え、マイホーム風に論じる派がいる。

         だいたいが、皇室の尊厳と比べるならば、ミーハー的に東大卒だのハーバード大卒だのと言ってもそれは吹けば飛ぶようなものである。まして外交などというのは、下々の者のする仕事である。

         にもかかわらず、そのようなことを尊重するのが問題の解決となると主張するマイホーム人権派もまた皇室を誤らせる。

        <<

        僭越ながら私も同様の分類をしてきた。キーフレーズを示せばこうだ。 (1)のウヨクについてのキーフレーズは 「雅子さまのご病気」さらには「雅子さま」「皇太子さま」「愛子さま」で思考停止。 「雅子妃らを悪者にしたくない」 「雅子妃らのの非を認めたくない」 「雅子妃らの悪口など見たくない、聞きたくないと、嫌だ嫌だと逃げ回る」 「雅子妃らのなさることだから悪には該当しない」

        (2)のリベラル・サヨクについてのキーフレーズは 「政治的意図を持って雅子妃を被害者に位置づけ、肩入れする」 「雅子妃に政治的シンパシーを感じて雅子妃を被害者に位置づけに肩入れする」 「雅子妃らの不行状を温存したい」 「雅子妃らの非を国民に知られては困る」

        加地先生よくぞおっしゃってくださいました! 自分の主張に勇気をいただきました。

        そして産経新聞もようやく東宮の非を認めたか、と一安心した。 ところが、それは一瞬だった。

        イザ!には5日と7日の正論のみが掲載され、6日の加地先生の正論は掲載されていないのだ。

        http://www.iza.ne.jp/news/natnews/koushitsu/

        産経新聞さん、雅子妃や皇太子一家を悪者にされるのがそんなに嫌ですか?

        その代わりに掲載されて?いたのはまたも東宮批判への偏見に凝り固まった秋月瑛二記者の、加地先生に対する侮辱記事である。

        天皇・皇室論−サピオの小林よしのりと産経新聞の加地伸行。後者はヒドい。 

        http://akiz-e.iza.ne.jp/blog/entry/863101/

        またしても、雅子妃問題でアサヒった産経新聞! この問題については稿を改めて書くこととする。

        雅子妃・小和田家一派の不行状の証拠はこちらで

        皇室全般画像掲示板 様

        http://www.yuko2ch.net/mako/makok/makok.htm

        【関連他サイト様】

        ステイメンの雑記帖 様

        産経は「保守」なのか?

        http://stamen.iza.ne.jp/blog/entry/485268

        【関連エントリ(イザ!本局)】

        「雅子さま」になると“アサヒる”産経新聞

        http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/list/folder/108988

        「雅子さま」ご一家の不行状を擁護し続ける御仁らこそ「9条」にしがみつく連中と同質だ

        http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/entry/211117/

        東宮問題についての論調もどこかおかしい

        http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/list/folder/22306

        【本サイトのその他のエントリ(イザ!本局)】

        http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/list

         

         


        拙サイト イザ!本局、100万アクセス突破!2007年1月13日の開設以来、2周年を前に

        0
          JUGEMテーマ:ニュース
          フォントは最小にしてください.

          下記フレームが見づらい方やフレームに対応しないブラウザをお使いの方は,お手数ですがこちらをクリックしてイザ!本局にお越しください.

          ↓こちらは本サイトのエントリ一覧(イザ!本局)です.

          誠に勝手ながらトラックバックはイザ!本局へお願いいたします.
          一番上のフレーム内のトラックバックURLをコピーしてご利用いただけます.


          両陛下は当事者だからこそ、皇太子夫妻を批判できないのでは?保守派から声を上げ、政府・宮内庁を動かすべき

          0

            2日遅れましたが、あけましておめでとうございます。
            本サイトもまもなく開設2年になりますが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。
            さて、早速今日は一般参賀の日であったが、ニュースではまた雅子妃がせわしなく私語をする皇族どころか人として恥ずかしい光景が報じられていた。

            http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1230898587432.jpg

            さて、この雅子妃そして皇太子一家に対する両陛下のお考えについての意見を、昨年10月の皇后陛下のお誕生日以来ネット上でも時折聞くようになった。
            その後、天皇陛下のご病気、その中でのお誕生日、そして今日の一般参賀と時は流れてきたわけだ。
            天皇陛下に皇太子夫妻廃嫡、秋篠宮文仁親王殿下への譲位を宣言していただきたいと望む声や、両陛下は雅子妃あるいは皇太子夫妻に寛大すぎるのではないか、といった批判めいた声も聞かれる。
            一方、雅子妃の不行状を温存したい一部反日は皇后陛下の雅子妃を(建前上)かばうかのようなお言葉を口実に保守派をけん制しようとしてきたりした。

            http://www.yuko2ch.net/mako/makok/src/1230899142978.jpg

            私自身、できるものなら両陛下に断を下していただければ、と望んでいる。
            しかし、私は思うのだが、両陛下は、当事者だからこそ皇太子夫妻を批判できないのではないだろうか?

            まず第一に、陛下ご自身が皇室典範を破ることになってしまうからだ。
            そのこと自体が反日マスコミによってどのような攻撃を受けるかは、かつて2006年三笠宮寛仁殿下のご発言を朝日新聞がけん制してきたことからも明らかであろう。

            さらに、反日勢力には雅子妃を皇室や宮内庁に虐げられた被害者と位置づけ、雅子妃に肩入れする手合いが少なくない。
            陛下がもしそうしたご発言をなされば、反日マスメディアはここぞとばかりに両陛下、宮内庁、ことによると秋篠宮ご一家を悪者に仕立て上げ、雅子妃さらには皇太子一家を悲劇の被害者に仕立て上げてくることは十分に考えられる。反日にとって皇太子一家は「愛子皇太子」→「愛子天皇」、そして女系天皇への大切なコマなのだから。

            それに加えて保守派の方も、東宮家に疑義を持つ側と東宮家の非をかたくなに認めない側とに割れているので、陛下のご発言で大混乱に陥るだろう。

            以上のようなことも陛下はご存知だから、慎重な発言に終始しておられるのではないだろうか。

            この両陛下と同様の立場におかれている方々がいる。拉致被害者家族会の方々である。
            奇しくもちょうど先の一般参賀のニュースの10分ぐらい後に拉致被害者家族の方々の悲痛な訴えが報じられた葉、方々は本当に一言一言、注意を払って発言している。

            方々は何があっても、どんな仕打ちをされても、国民・マスコミ・反日への批判はしない。
            たとえ有権者たちが、拉致被害者横田めぐみさんたちを忘れ、自分の生活・年金を選ぶという裏切り(下記参照)

            http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/entry/252779/

            をしても、国民批判はしない。
            たとえマスコミが拉致問題を意図的に矮小化ないしは無視し拉致問題解決を妨害しても、よほど露骨なケースでない限りマスコミ批判はしない。

            北朝鮮にアメリカがどんなに擦り寄っても、北朝鮮のテロ支援国家指定解除になってはじめて代表の飯塚繁雄さんが批判するまで批判は差し控えてきた。

            本来、家族を拉致された方々であれば、「自衛隊を北朝鮮に派遣して救出して!」「米軍に救出を頼んで!」ぐらい言ってもいいはずだ。しかしそれどころか、方々が極力、政治的な発言は差し控え「ただただ、子供たちを返してもらいたいだけなんです」という言い方に徹し、その枠を出ないように注意を払っている。
            (ただ、事務局長・増元照明さんはご自身のサイトで個人として若干政治的な意味合いを含む発言をすることはあるようだ)
            どうしても政治的な発言が絡む場合は救う会が代わって行っている。

            なぜなのか言うまでもないだろう。
            拉致被害者の方々は反日勢力に目の敵にされているからだ。
            以前他のサイトで、拉致被害者の方々はマスコミに言論を人質に取られている、という発言を読んだことがある。
            反日は家族会の方々をすきあらばと狙っているだろう。
            日本はそういう異常な国なのであり、家族会の方々はそれを知っているからだ。

            だから、先にあげたような発言は、当事者だからこそ言えない。
            だから周囲が代わりに言ってあげるしかないのだ。

            話を皇室に戻す。

            上述の通り、拉致被害者の方々はマスコミに言論を人質に取られているのだが、これは両陛下も、秋篠宮ご一家も同じではないだろうか。
            世に認知された拉致問題でさえこの有様なのだ。
            まだまだ世に認知されていない東宮問題ではなおさらだろう。東宮問題についての世論の認識は、2008年が終わっても依然として「拉致疑惑」ならぬ「東宮疑惑」の域を出ていない。

            少し話がそれるが、イザ!の「すがすが日記」様で以下のようなご指摘があった。

            >天皇陛下のご病気と民主党政権

            http://temple.iza.ne.jp/blog/entry/832337/

            >民主党政権が誕生すれば、愛子皇太子・愛子天皇が誕生してしまう可能性がある。民主党には天皇制度を廃止したいと思っている輩がウヨウヨいる。そういう連中は、女性天皇を誕生させたいのだ。女性天皇さえ誕生すれば、天皇制度は自然消滅する。

            >まだ誰も本当のことを言わないが、陛下は民主党政権の誕生に強烈なストレスを感じられているのではないか?あるいは国籍法改悪にストレスを感じられたのではないか?

            これを拝読して思ったことがある。
            日本を思われる陛下は日本国内において反日の嵐が吹き荒れていることをどうお考えだろうか。
            あの福田内閣のときは福田康夫の売国振りをどうお思いだったろうか。

            しかし、天皇というお立場上、政治的な発言は一切おできにならないのだ。
            皇室典範でさえ、当事者であられながら、ご自身の意思ではどうにもならない。

            だから、言える立場にある周囲が代わりに言ってさしあげるしかないのだ。
            羽毛田宮内庁長官の2度にわたる発言もそうだったのではなかろうか。

            保守系の人々が一致団結して「雅子妃にNo!」「徳仁皇太子にNo!」「愛子天皇にNo!」「小和田にNo!」の声を上げて行かなければならないと、切実に思う。保守派から声を上げ、政府・宮内庁を動かすべきときだ。
            それには未だに雅子妃一家に甘い保守系の皆さんが、東宮批判への偏見や食べず嫌いを捨てて、雅子妃らの非に正面から向き合うことが必要だ。

            雅子妃の不行状の証拠はこちらで

            皇室全般画像掲示板 様

            http://www.yuko2ch.net/mako/makok/makok.htm

            関連エントリ(イザ!本局)

            http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/folder/22306/

            本サイトのその他のエントリ(イザ!本局)

            http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/list

            JUGEMテーマ:ニュース

            雅子妃は皇室の伝統も御公務も大切に考えてなどいない:雅子妃一派を強気にさせる3種類の"応援団"

            0

              ★絶対に「申し訳ない」と言わない雅子妃。
              ★報道される言葉(話)と映像とが著しく乖離している。
              ★本当に皇室を思っているのなら、人の上に立つ、国民の手本となる自覚を持つべきだが、それがまったく感じられない。

              ★「妃殿下こそ、傷つかれている」ではないが、「自分(=雅子妃)は悪くない」ではある。
              ★雅子妃一派を強気にさせる3種類の"応援団"
              ★雅子妃(雅正日、金雅子総書記)とその一派を皇室から追放すべき。

              ※副題を「羽毛田長官会見に対する野村東宮大夫の会見で思う」から変更しました.

              本エントリーは

              自らを弱者・被害者側に置き世論操作を図るしたたかな雅子妃とその周辺:ご病気カード=特亜の歴史カード 

              http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/entry/540858/

              の続きとなる。

              (もし上記をお読みでない方は先に上記をご覧ください)

              少々時期を逸してしまったが、羽毛田宮内庁長官の記者会見とこれを受けた野村東宮大夫の記者会見をめぐる報道に、宮内庁があわてて「訂正文」を出した。

              http://www.kunaicho.go.jp/kunaicho/taiou-h201224.html

              >>
              平成20年12月24日

              宮内庁長官と東宮大夫の記者会見をめぐる最近の皇室関連報道について

               最近の皇室関連報道において,羽毛田宮内庁長官および野村東宮大夫の記者会見での発言を取り上げ,東宮大夫が宮内庁長官に対し,皇太子妃殿下が長官発言に傷つかれた,あるいは妃殿下の方がより傷つかれている旨の反論を行ったなど,あたかも宮内庁内部が対立しているかのように報道する記事が見受けられます。

               しかし実際は,宮内庁長官は,「皇室そのものが妃殿下に対するストレスであって,ご病気の原因ではないか」といった論調がしばしば報道等で見られることに対し,両陛下が深く傷つかれた旨発言し,東宮大夫も長官の発言に同調し,このような論調には妃殿下も深く傷つかれている旨述べたものです。また,皇太子妃殿下が長官発言に傷つかれた,あるいは妃殿下の方がより傷つかれているとの東宮大夫からの発言は一切ありません。したがって,東宮大夫が公の場で宮内庁長官に反論したとし,あたかも宮内庁内部が対立しているかのような報道は全くの誤報です。

               宮内庁としては,報道各社に対し,客観的事実に基づいた記事を掲載するよう要請してきているところですが,本件につきましては,宮内庁ホームページを通じ,正確な事実につき,直接,国民の皆様にもお知らせいたします。

               なお,羽毛田宮内庁長官と野村東宮大夫の記者会見での発言の関連部分は次の通りです。

              (1)羽毛田宮内庁長官(平成20年12月11日) 
                 「妃殿下の適応障害の御病気との診断に関しまして「皇室そのものが妃殿下に対するストレスであって,御病気の原因ではないか。」,また,「妃殿下がやりがいのある御公務をなされるようにすることが,御快復の鍵である。」といった論が,しばしばなされることに対し,皇室の伝統を受け継がれて,今日の時代の要請に応えて一心に働き続けてこられた両陛下は,言わばこういう両陛下のなさりようを否定をするようなと申しますか,そういうような論に対して深く傷つかれたのでございます。」

              (2)野村東宮大夫(平成20年12月12日) 
                 「私の方から,昨日の長官の会見での御発言について一言触れます。長官の御発言は,先般の陛下の御不例とその後の医師団の判断を受けて長官が個人的な所見を述べられたものと理解しており,その中には,皇太子同妃両殿下に関わる部分がありますが,これについて私が私の立場で(長官と)同様に個人的な所見を述べることは控えます。ただ,はっきりとしていることとして指摘しておいた方がいいという点がいくつかございます。一つは妃殿下の病気御治療に対して両陛下から賜っておりますお心遣いとお励ましを妃殿下が心から有り難く思っておられるということでございます。もう一つは,両陛下の御健勝を両殿下が常に強く願っておられ,この度の陛下の御不例に対しては心から御案じ申し上げ,お早く御回復されることを願っておられるということでございます。それから両陛下が妃殿下の適応障害との御診断に関して,「皇室そのものが妃殿下に対するストレスであり,御病気の原因ではないか。」といった論がなされることに対して,深く傷つかれたとのことでございますが,このような論に対しては,妃殿下御自身も深く傷つかれたことと思います。妃殿下は皇室の伝統も御公務も大切に考えておられるわけでございます。それらを十分に行うことができるようになるよう御治療に鋭意努めておられます。両陛下に両殿下の健康診断のことでお心遣いを賜っていることを両殿下は有り難く思っておられると思います。」

              <<

              この野村東宮大夫の返答的会見についての疑問を挙げたい。
              なお、野村東宮大夫はもともと外務省の出身で元は駐ロシア大使であり、雅子妃の父・小和田恒の腹心であった。

              >妃殿下は皇室の伝統も御公務も大切に考えておられるわけでございます。

              果たしてそうだろうか。
              以下のような疑問がある。

              1.皇室の伝統を大切に考えているのなら、なぜ反日活動の拠点である国連大学にしばしば出かけているのか?日本の中枢たる皇室の一員としてあるまじき行為だ。これはご病気だからとて許されることではない。
              まして自身の父が売国言動を行い、自身も売国的と言われる外務省出身なら、なおのこと疑われないように注意を払うべきではないのか?

              2.本当に皇室の伝統や公務を大切に考えているのなら、ディズニーランドなどの遊興や深夜のレストランに長時間行くなど、恥ずかしくて、両陛下はじめ皇族方、そして国民に申し訳なくてできないはずではないか?
              それこそご病気を悪化させるのではないか?
              それどころか、ひどいときには公務のその日にこうした私的活動を行ったり、民間人である妹・池田礼子氏一家も同行させるという、恥などとは無縁の行動を繰り返している。

              3.人として恥ずかしい数々の無作法や暴言は何ゆえか?(下記参照)これらもご病気だからとて許されることではない。

              http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/entry/101540/

              3-1.上記にも示しているが夫君であり次代の天皇陛下である皇太子殿下を立てようとせず、ないがしろにしているのはなぜか?
              皇太子殿下が挨拶している前を平気で横切ったり、自分が先に歩いていこうとしたり。

              3-2.愛子内親王殿下に対するしつけの悪さは何か?(下記参照)

              http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/entry/476441/

              特に気になるのは、雅子妃は絶対に「申し訳ない」という言葉を使わないことだ。
              両陛下や国民になど断じて頭は下げないというこだわりなのか、いずれにしても皇族以前に人としてあるまじき行為だと言わざるを得ない。
              人の上に立つというのは、それに相応する責任が伴ってくる。下に対する手本とならなければならないのだ。これは皇室に限ったことではない。麻生総理もそれができていないから批判されているのだ。
              これらは国民に対する悪い手本となっており、皇室に泥を塗る行為であろう。

              これでは、本当に皇室のことを思っているのか、と疑問を持たざるを得ない。
              報道される言葉(話)と映像とが著しく乖離しているからだ。

              野村会見文で少し前に戻るが

              >両陛下が妃殿下の適応障害との御診断に関して,「皇室そのものが妃殿下に対するストレスであり,御病気の原因ではないか。」といった論がなされることに対して,深く傷つかれたとのことでございますが,このような論に対しては,妃殿下御自身も深く傷つかれたことと思います。

              が「妃殿下こそ、傷つかれている」的に報じられ、一部ブロガー諸氏もそういう書き方をされた。
              確かに、野村氏が“言いたかったのは”「両陛下同様に雅子妃も傷つかれた」という趣旨であろう。確かにそういう意味では「妃殿下こそ・・・」というのは正確ではない。

              しかし、この「妃殿下こそ・・・」の言い方はやや実態に近いものはある。
              雅子妃は自分が悪いなどとはまったく思っていないだろう。

              それは先に述べたように、雅子妃が「申し訳ない」という言葉を絶対に使わないこと、恥ずかしいという感覚がないことである。

              さらに2002年度暮れのニュージーランド・オーストラリア訪問前の記者会見でも

              http://www.kunaicho.go.jp/koutaishi/ryodenkakaiken-h14gaikoku.html

              >それ以前の6年間,正直を申しまして私にとりまして,結婚以前の生活では私の育ってくる過程,そしてまた結婚前の生活の上でも,外国に参りますことが,頻繁にございまして,そういったことが私の生活の一部となっておりましたことから,6年間の間,外国訪問をすることがなかなか難しいという状況は,正直申しまして私自身その状況に適応することになかなか大きな努力が要ったということがございます。

              他の方も指摘されているが、平たく言えば、自分を海外に行かせてくれるのが当たり前、行かせてくれないのが不当だと言っているようなものではないか。
              逆なら、つまり、海外に行かされてばかりで大きな努力が要ったというのならまだわかるが。

              このような一連の姿勢や事実からすれば、「妃殿下こそ、傷つかれている」ではないにせよ、雅子妃は自分こそ被害者だと思っている、自分が悪いなどとはこれっぽっちも考えていないのではないか、と疑問をもたざるを得ない。

              ではなぜ、雅子妃が自分の態度を改めようとしないのか?
              雅子妃やその一派もこうまで強気でいられるのか?

              それは一つには、雅子妃もしくはそのブレーンが、いかにして世論を欺くかに長けているからだ、
              入内前から現在に至るまで執拗に行われてきた世論操作。東大も中退したのに「母校」などという印象操作報道、外務省でも実働2年しか勤務していないのにエリート外交官だ、キャリアウーマンだと実態とかけ離れた美化報道が行われ、下品な所作まで「ユーモア」「ほほえましい」と美化されてきた。
              そして2003年末の「ご病気」になってから「雅子さまはかわいそう」「雅子さまは被害者」なる論調がマスメディアに君臨していた。

              実際世論の様相は未だに雅子妃寄りの論調が少なくない。雅子妃には3種類の"応援団"が存在する。

              1.雅子妃の不行状の証拠を知らない情報難民
              2.雅子妃に肩入れする反日勢力
              3.雅子妃のことになると思考停止する保守派

              特に、他の問題では理性的・論理的な保守派の人々さえも「雅子さま」になると思考停止や感情論に陥り、東宮批判に対してヒステリックになり、雅子妃らの不行状を頑として認めない実情からすれば、この世論操作は悔しいが成功していると思わざるを得ない。

              そういった言論も雅子妃一派は見抜いているのだ。
              雅子妃自身も「お人よしで馬鹿な右翼のおかげで今日も遊べる」ぐらいに思っているのかもしれない。

              こういったやり口は北朝鮮や、山口県光市の母子殺害事件の犯人少年およびその弁護士が、自らを巧妙に被害者側において世論操作を図る手口と同じである。後者の少年は必ずしも成功しなかったが、北朝鮮は日本に巣食う反日の体質や世論の動向を見抜いており、それに対して自らに有利になるように動いてきた。
              雅子妃一派の動きはそうした北朝鮮のやり口と見事に重なっている。

              今年になって再三繰り返された東宮職医師団とやらによる「ご病気回復の妨げになる」式の言論封じも、まるで拉致問題で「われわれは誠意を尽くしてきた」「事態を悪化させているのは日本の反動勢力の方だ」と居直る北朝鮮のようだ。

              東宮は皇室の北朝鮮。
              雅子妃はまさしく「雅正日」「金雅子総書記」と呼ぶにふさわしい。
              雅子妃の改心は永久にありえないのだ。皇室から追放するしかない。

              関連エントリ(イザ!本局)

              http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/list/folder/22286

              ★以下のとおり第2ロゴをリニューアルしました。

              ↓雅子妃・小和田一族・愛子内親王・皇太子の非常識言動・反日言動の証拠写真・動画はこちらでごらんください

              皇室全般画像掲示板 様

              http://www.yuko2ch.net/mako/makok/makok.htm

              ↓本サイトの全エントリ(イザ!本局)はこちらです.

              http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/list

               

               


              秋篠宮佳子内親王殿下14歳のお誕生日を謹んでお祝い申し上げます

              0

                秋篠宮佳子内親王殿下14歳のお誕生日を謹んでお祝い申し上げます.

                天皇皇后両陛下,秋篠宮同妃殿下をお助けされ,悠仁親王殿下をお守りされ,幾久しく皇室をお守りくださいますよう.

                 

                 

                皆様,内親王殿下のためにも,皇室を雅子妃はじめ東宮や小和田一族の思いのままにさせてはなりません!!

                 

                【皇室ウイークリー】(番外編)佳子さま14歳 お写真で振り返るこの1年

                 

                 

                http://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/081229/imp0812290821000-n1.htm

                 

                 

                 

                秋篠宮ご一家の画像はこちらで

                 

                眞子さま画像掲示板(3次)

                 

                 

                http://www.yuko2ch.net/mako/mako/mako1.htm

                 

                 

                関連エントリ(イザ!本局)

                 

                 

                 

                天皇皇后両陛下・秋篠宮文仁親王御一家

                 

                http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/list/folder/27306/

                 

                その他のエントリ(イザ!本局)
                http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/list

                 

                 

                JUGEMテーマ:ニュース

                「愛子天皇」実現の障害になるから←反日の「雅子妃一家を悪者にされては困る」もう1つの理由/保守の雅子妃擁護は利敵行為

                0
                  .

                  本エントリはこれまでの記事から,「雅子妃らの不行状とそれに肩入れする反日勢力」についてまとめ直し、さらに「愛子天皇」への野望との関連について述べております。

                  本テーマの前回エントリ

                  http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/entry/785388/

                  http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/entry/807889/

                  はじめ過去のエントリと重なる部分がありますがご了承ください。

                  本題に入ります。

                  すでに述べてきたように、雅子妃の不可解な言動、批判されている言動はすべて「ご病気のため」で説明がつくもの、許されるものばかりではありません。
                  たとえご病気であっても、説明のつかない言動や、皇族として人として許されない言動が数多くありました。

                  例1:他人に対する配慮を欠いた発言や、常識・マナーを知らない言動。宮内庁HPにも、写真や動画でも証拠が多く残っています。以下の掲示板にも数多くの証拠写真などが示されています。

                  http://www.yuko2ch.net/mako/makok/makok.htm

                  たとえば愛子内親王に対するしつけの悪さは国民への悪い手本です。

                  例2:雅子妃が反日との接点があまりに多く(外務省・国連大学・創価学会)、本人の思想・イデオロギーにも反日的なものがあるのではないのか、という疑いが極めて大きいこと。
                  さらに皇太子までもが反日(創価学会)と接触していること。

                  また、雅子妃の起こしたトラブルや不可解言動は2003年末にご病気になって以後のものばかりではありません。それ以前、さらに入内以前から数多くの問題を起こしていました。

                  さて、こういった情報を示すと、あわてる勢力がいます。
                  こういった情報を必死にもみ消そうとしたり、必死に美化・正当化したり、質問に対してわざと的外れな回答をしてきたり、話題をそらしにかかったりしてきます。
                  話の流れが雅子妃らへの批判に向かっていたり、近づいていくことを察すると、話の流れる方向をそらそうとするなどして、話を雅子妃の非の問題から遠ざけようとします。
                  そして、目の前に雅子妃の非の証拠を突きつけると、必死に言い訳して逃げ回ります。証拠を突きつけられれば雅子妃を擁護しようがなくなるからです。

                  最後にはただひたすら情報の発信者への人格攻撃を繰り返して精神的ダメージを与えて発言をやめさせようとしてきます。
                  あるいははじめから恫喝口調で情報の発信者を萎縮させ発言をやめさせようとする手合いもいます。

                  そういう手合いは何故そこまで必死なのか?
                  「雅子妃はじめ皇太子一家を悪者にされては困る」
                  「雅子妃はじめ皇太子一家の暗部を暴かれては困る」
                  からです。

                  では、さらにその理由は? 
                  1つは、皇室そのものを堕落させ、また皇室への失望を高めるために雅子妃はじめ皇太子一家の不行状を温存しておきたいことであり、これは既に述べました。

                  ではもう1つは?

                  「愛子天皇」実現への障害になってしまうから

                  です。

                  もう少し詳しく言いましょう。
                  以前あれほど「天皇制反対!」を叫んでいた反日勢力が「女系天皇」に賛成したように、連中は皇室を案じるかのごとく装って別な形での皇統断絶をもくろんでいたことは周知のとおりです。
                  秋篠宮家の悠仁親王殿下のご生誕により、「愛子天皇」→「女系天皇」を企む反日勢力の野望はひとまず打ち砕かれました。
                  しかし、連中はまだまだあきらめてはいません。
                  皇室典範を改悪し、悠仁親王殿下から皇位継承権を奪い、「愛子天皇」を実現せんとする輩はいまだにうごめいています。マスメディアがことさらに「愛子さま」のプライベートを強調するのもそのためです。

                  さらに付け加えましょう。反日のシナリオはこうです。

                  1)常識を知らず自分の立場をわきまえず公より私、そして反日思想にまみれた徳仁天皇・雅子皇后の即位。
                  2)宮中祭祀などの廃止による皇室の有名無実化。
                  3)皇室典範改悪による「愛子皇太子」実現。
                  4)「愛子天皇」即位。
                  5)「愛子天皇」の配偶者を皇統外から迎える。候補者は創価などの反日から。
                  6)女系天皇実現による皇統断絶。

                  ここで、雅子妃はじめ皇太子一家の非がクローズアップされ、皇族として皇位継承者としてふさわしくないとなれば、これらの一連のシナリオが完全に水泡と化してしまいます。
                  特に徳仁皇太子が廃嫡になった場合は連中にとっては万事休すです。

                  だから連中は「雅子妃はじめ皇太子一家を悪者にされては困る」のです。

                  保守派の人たちには、「雅子さま」「皇太子さま」「愛子さま」には非はない、問題はない、悪意はない、という前提で主張を始めてしまう人が少なくありませんが、そういった姿勢は利敵行為でしかないことを知るべきです。

                  追伸

                  先の掲示板で本日発見した雅子妃の非常識を示す画像と動画です。
                  2006年春オール学習院の集いから

                  http://s04.megalodon.jp/2008-1228-2234-44/www.yuko2ch.net/mako/makok/makok.cgi?res=18465

                  1.雅子妃と愛子内親王の手のつなぎ方、親指が反対側になり、手のひらと手のひらを合わせるつなぎ方です。親指が同じ側を向くように手をつなぐのが常識でしょう。

                  ちなみにこの2人はいつもこういう手のつなぎ方をしています。

                  2.皇太子殿下が挨拶しているのにその前を平気で横切る雅子妃と愛子内親王。

                  3.雅子妃がなかなか座らないので皇太子は座りかけたりまた立ったり。

                  これも「雅子さまはご病気なのだから」といって許されることなのでしょうか?

                  関連エントリ

                  雅子妃の暴走を温存しようとする反日工作員

                  http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/list/folder/70488/

                  本サイトのその他のエントリ(イザ!本局)

                  http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/list

                  JUGEMテーマ:ニュース

                  天皇陛下75歳のお誕生日をお祝い申し上げます。一日も早いご病気平癒をお祈り申し上げます。

                  0
                    JUGEMテーマ:ニュース

                    天皇陛下75歳のお誕生日をお祝い申し上げます。

                    また、一日も早いご病気平癒をお祈り申し上げます。

                    幾久しく皇室をお守りくださいますよう。

                    皆様,陛下のためにも,皇室を雅子妃はじめ東宮や小和田一族の思いのままにさせてはなりません!!

                    関連サイト様

                    ステイメンの雑記帖 

                    【奉祝】陛下のご長寿とご健康を言祝ぐとともに、皇統の安寧を祈念します【天長節】

                    http://stamen.iza.ne.jp/blog/entry/845529/

                    いつもながら皇太子一家と小和田一派に手厳しい、頼もしいサイト様です。

                    関連エントリ(イザ!本局)

                    天皇皇后両陛下・秋篠宮文仁親王御一家

                    http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/list/folder/27306/

                    その他のエントリ(イザ!本局)

                    http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/list


                    雅子妃の不行状を温存せんとする反日は妃の「ご病気」以前の問題言動の情報に恐怖する[12/10改訂]

                    0

                      意外に思うかもしれませんが、雅子妃(さらに皇太子・愛子内親王)を擁護、支持している人々の中には反日勢力も紛れ込んでいます。
                      言い換えれば反日の中にも雅子妃らを擁護している勢力がいるのです。
                      何故ならこうまで繰り返される雅子妃らの問題言動は反日にとってまさに宝物です。
                      さらに雅子妃には外務省(売国官僚の父親、現東宮大夫、本人とも)・創価学会・国連大学など反日とのつながりがあまりに多く、反日思想を持っている疑いが濃厚です。
                      雅子妃は政界で言うなら、本来保守政党であったはずの自民党に入り込んでいる反日政治屋・福田康夫、山崎拓、加藤紘一らに対応します。(そういえば安部内閣を攻撃していたマスコミも福田内閣になるとおとなしくなりましたね。)
                      一部反日勢力は雅子妃らが皇室をつぶしてくれると期待しているから、そんな反社会的・反皇室的皇族の雅子妃に肩入れしており、雅子妃の不行状を代替わりまで温存しようとし、インターネット上でも暗躍しています。

                      ここで、よく引用させていただいている文を改めて引用させていただきます。

                       

                      http://monthly-will.cocolog-nifty.com/log/2008/06/post_5288.html#comment-31814153

                       

                      >>皇室問題

                      雅子さんを巡る問題は普通の感覚で考えるよりもっと根深く、雅子さん本人だけでなくその背後にある団体や利用しようとする輩がいる事は事実だと思います。

                      例えばネットの書き込み。
                      雅子さんに不利な事が書かれると必死で打ち消そうとする人が居る、そう言う専従の人間がいるということも事実だと思います。
                      そしてそれは外交機密費が使われているという事も聞きました。
                      その人達は雅子さんに都合が悪い事が書かれるとすぐ出てきてその事実から逸らせようとする事。別の事へ内容を誘導しようとする事等は日常的にあるようです。
                      こう言うコメント欄にも延々と貼り付いてすぐ否定したり反論する人がいると疑います。
                      このコメント欄にも一時期からずっと出てきて雅子さんを否定するコメントが入るたびにアンカーを付けて否定する・・・

                      私は工作員と言う言葉は使いたくありませんが、小和田家はそう言われても仕方ない位汚らしい野望と悪事がついて回る一家だと思います。雅子さんご本人はただの無能なアマちゃんだと思いますけど・・・

                       

                      ・・・・

                      私もこの方のご指摘には大いに賛同します。
                      雅子妃の不可解な言動、批判されている言動はすべて「ご病気のため」と誤解し、「ご病気だから仕方がない」と容認?ている人がいまだに少なくありません。
                      しかし、実際には雅子妃はご病気以前、さらには入内以前から数々の問題言動がありました。
                      また、ご病気といえど、人として許されないことがあります。
                      詳細については拙サイトの下記エントリ

                       

                      http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/entry/101540/

                       

                      他をご覧いただきたいと思いますが、挙げてある証拠は宮内庁の公式サイトに掲載されている雅子妃の会見での暴言・失言であり、写真や動画で残っている無作法、常識知らずな振る舞いです。さらにいえば反日思想もご病気だからとて許される問題ではありません。
                      これらのことから判断すれば、雅子妃はもともと人間性に問題があった御仁だと言わざるを得ないわけです。

                      さて、上記のような反日勢力は、こういった証拠を向けると、必死に打ち消そうとしたり、必死に美化・正当化したり、質問に対してわざと的外れな回答をしてきたり、話題をそらしにかかったりしてきます。
                      話の流れが雅子妃らへの批判に向かっていたり、近づいていくことを察すると、話の流れる方向をそらそうとしてきます。話を雅子妃の非の問題から遠ざけようとします。
                      そして、目の前に雅子妃の非の証拠を突きつけると、必死に言い訳して逃げ回ります。証拠を突きつけられれば雅子妃を擁護しようがなくなるからです。
                      そして最後にはただひたすら相手(こちら)への人格攻撃を繰り返して精神的ダメージを与えて発言をやめさせようとしてきます。

                      私もそういう手合いと何度か対決してきましたが、こういった工作にはかなり決まったパターンがあり、また、連中はこういった工作にかなり手馴れているようです。

                      つまり、彼らはそれだけ雅子妃の情報が国民に知られることを恐れているのです。
                      反日連中は「"雅子さま"を悪者にされては困る」のです。
                      ご病気以前から問題を起こしていたとなれば、雅子妃はご病気に関係なく問題のある人物と言うことになり、国民の雅子妃を見る目が全く変わってしまうからです。

                      ちなみにこうした「反日的東宮支持」者の具体例を挙げますと(別エントリにも挙げておりますが)以下の通りです。

                       

                      1)サイト管理人自身.

                       

                      川西玲子(URL不明)

                       

                      たろと蜂の巣

                       

                      http://blog.livedoor.jp/tarotohachinosu/archives/2006-11.html

                       

                      皇居の落書き

                       

                      http://blog.goo.ne.jp/nishidauritarou

                       

                      daily_diary:ここの管理人は方々のサイトまで私を追い掛け回してきました.

                       

                      http://blog.livedoor.jp/daily_diary/

                       

                      佐藤聖子さん日記【2008年3月30日をもって阻止】

                       

                      http://satoseiko.blog14.fc2.com/blog-entry-222.html#comment215

                       

                      2)コメント欄に現れた者

                       

                      WILLブログのエントリ

                       

                      http://monthly-will.cocolog-nifty.com/log/2008/06/post_5288.html

                       

                      「ゆう」「こま」他

                      ちなみに「ゆう」はこのサイトの下記エントリでも無記名状態で私を執拗に攻撃してきました。

                       

                      http://asahina-kyouko.air-nifty.com/kabu/2008/06/post_e2d1.html

                       

                      長期株式投資 様にて

                       

                      http://asahina-kyouko.air-nifty.com/kabu/cat6182424/index.html

                       

                      に出没する「傍聴人」。雅子妃擁護が出来ないと今度は皇室そのものを否定しにかかっています。

                       

                      さて、下記ブログ「日本が好きなだけなんだよ」様のエントリ

                      宮内庁に外務省出身者は不要

                      http://koramu2.blog59.fc2.com/blog-entry-296.html

                       

                      において

                       

                      >世間を騒がした女性天皇論議は悠仁親王殿下の御誕生で一時的に棚上げになったが、反日勢力の意のままになる皇太子妃の送り込みには成功しており、徳仁天皇即位時にはいろいろな意味で反日勢力のホープである雅子妃が猛威を振るうことが予想されている。

                       

                      と指摘されていますが、

                       

                      >いろいろな意味で反日勢力のホープである雅子妃

                       

                      は至言だと思います。

                      反日勢力と次代の皇后陛下(雅子妃は陛下とは呼びたくありません!)さらには次代の天皇陛下(徳仁親王も陛下とは呼びたくないのですが)とのタッグなど恐ろしい限りです。

                      日本と皇室を思う国民の声として、雅子皇后に「No!」を突きつけましょう!
                      それには「ご病気以前の問題言動」と「反日との関係」が大きなポイントになります。
                      この2つのポイントから情報をどんどん発信していきましょう!

                       



                      関連エントリ

                      「雅子さま(はご病気)」で思考停止・教条主義に陥る御仁.保守派にも少なくない

                      http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/entry/211117/

                      「皇太子夫妻は最高の公人」を忘れた人々,そしてご本人達,そしてそこに付け入る皇室解体工作 

                      http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/entry/460978/

                      雅子妃問題に対する保守派の思考停止もまた皇室破壊勢力の餌食になる[4/19] 

                      http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/entry/534561/

                      雅子妃の位置付けは正反対:「AERA『雅子さまへ20の質問状』」と「プリンセス・マサコ」 

                      その他の関連エントリ

                      東宮問題についての論調もどこかおかしい 

                      http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/folder/22306/

                      雅子妃の暴走を温存しようとする反日工作員 

                      http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/list/folder/70488/

                      本サイトのその他のエントリ(イザ!本局)

                      http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/list
                       

                       

                       



                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << October 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent trackback

                      • 月刊WILL5,6月号西尾幹二先生ご論文を読んで:徳仁”反日天皇・左翼天皇・人権派天皇”の恐怖
                        ド素人が行く!!
                      • 月刊WILL5,6月号西尾幹二先生ご論文を読んで:徳仁”反日天皇・左翼天皇・人権派天皇”の恐怖
                        ド素人が行く!!

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      言論の自由空洞化を狙った、人権侵害救済法案が閣議決定されてしまいました。断固として阻止しましょう!下記はたちあがれ日本サイト様のPDFチラシを1画像にまとめたものです。

                      Photo

                      皇祖神よ、八百万の神々よ、歴代天皇陛下よ、何とぞ日本国に未来を与えたまえ!!

                      Photo_2 Photo Photo_3 Photo