保守大敗(8)福田康夫の教条的媚中;パンダで幻惑,姉歯並の一部日本人;保守派は安倍退陣の報いと知れ

0

    ★福田康夫の媚中はもはや教条主義の域.
    . ★「拉致被害者救出より自分の生活」に続き「毒ギョーザよりパンダ」の愚を晒した一部日本人のエゴ.
    ★保守派は安倍退陣の報いと心得るべき



    少々時期を逸してしまったが,殺人鬼胡錦濤が5月6日〜10日来日した.

    胡錦濤の傲岸不遜とそれに対する福田康夫の卑屈なまでの媚中ぶりについてはすでに多くの方が書かれているので改めて私が書くことはないが,私が気になったことについて書きたいと思う.

    まずは福田康夫についてだが,

    http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/080509/plc0805092127016-n1.htm

    >>

    パンダ有償貸与「疑問は少数派」 福田首相が中国のテレビに

    2008.5.9 21:25

    このニュースのトピックス福田内閣

     福田康夫首相は9日、官邸で中国の中国中央テレビのインタビューを受け、雄雌のパンダ2頭の有償貸与に疑問の声があることに関し「メディアの一部でいろんなことを言う人がいるが、これはごくごく少数派。ほとんどはかわいいパンダを見たいと思っており、手放しで喜んでいる」と強調した。

    <<

    これが大嘘であることはいまさら言うまでもないだろう.
    しかし,こんなことまでするとあっては,福田康夫の反日売国媚中ぶりは単なる利権云々ではなく,もはや反日洗脳・教条主義のレベルではないのか.
    つくづくわれわれ日本人はとんでもない総理大臣をいただいているものだ.



    さて,非難されるべきは福田康夫だけではない.
    このパンダの話,テレビなどでも福田康夫の言葉どおり?「パンダを見たい」と喜ぶ御仁がいたのには呆れ果てた.
    他にも苦言を呈した方がおられるが,そういう御仁らは
    もちろん反日マスゴミが意図的に"真の"少数意見をことさらに強調したり,極端な話ヤラセの可能性もあるだろうが,それにしてもそういう連中は「毒ギョーザ」被害に遭われた方々の感情をまったく考えもしないエゴイストだといわざるを得ない.
    先の衆議院選挙で多くの有権者が民主党の「国民の生活が第一」という耳に心地よい言葉に惑わされて拉致被害者救出を忘れて民主党に投票した.このとき日本人は姉歯秀次以下,JR西日本並みの大罪を犯したわけが,それをまたも見せられた思いで憤りと失望を覚える.

    この件については以下もご参照いただきたい.

    保守大敗(1)拉致被害者の生命を無視した有権者は姉歯秀次以下,JR西日本並み

    http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/entry/252779/




    保守派に対しても苦言を呈したい.
    以前のエントリでも

    保守大敗(2)戦略の欠落など未熟さ露呈した一部保守も安部総理や衆愚有権者と同罪 

    http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/entry/254085/

    保守大敗(3)安倍晋三という最後の防波堤を自ら壊そうとしたも同然の一部保守の大罪 

    http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/entry/300129/

    申し上げたが,「雅子さま」には実にお人よしで物分りがよい論調が少なくない一方で,「安倍晋三」になると口汚く罵る論調が未だに少なくない.「雅子さま」に対する物分りのよさを安倍氏に向けてほしいとさえ思う.

    保守派の人たちは,安倍晋三前総理大臣には100%ばかりを求め,1%でも満たされなかったり失敗したりすると「お坊ちゃん」だの 「本性を現した」だの「辞めろ」だのと口汚く罵ってきた.

    カタカナ語を使ったといっては叩き,中国を訪問したといっては叩き,慰安婦で謝罪したといっては叩き…,さらには安倍氏を支持している人たちにまで「安倍ちゃんマンセー」などと小馬鹿にしてきた.

    先の参議院選挙で自民党が大敗すると,拉致被害者家族の方々の心情さえも無視し,辞めたらどうなるのかを考えもしないで「辞めろ」「辞めろ」と罵っていた.

    そして,彼らの“わがまま通り”,“望みどおり”に安倍晋三が退陣した結果,待ってましたとばかりに福田康夫が急速に動き,あっという間に売国福田政権が誕生してしまった.

    そして今,外国人参政権や人権擁護法案,さらには日朝国交正常化議連など,反日の逆襲が加速してきている.

    安倍晋三氏はあの辞任の仕方には違和感を持ったが,さすがというべきか,胡錦濤に対してピシャリと言ってくれた.

    http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/080508/stt0805081830001-n2.htm

    「無事釈放を…」安倍前首相発言で緊張走る 主席と歴代首相との朝食会 (2/3ページ)

    2008.5.8 18:28
    このニュースのトピックス国会

    >>
     こうした会場の「緩い空気」(出席者)が一変したのは、続いて安倍氏がこう発言してからだ。

     「お互い国が違うので、利益がぶつかることもあるが、戦略的互恵関係の構築に向け、相互訪問を途絶えさせない関係をつくっていくことが重要だ」

     これは、小泉氏の靖国参拝をめぐり中国側が首脳交流を途絶えさせたことを暗に批判したものだった。安倍氏はその上で、「チベットの人権状況を憂慮している。五輪開催によって、チベットの人権状況がよくなるのだという結果を生み出さなければならない」と指摘した。

     会場には緊張感が走り、出席者はみな一様に黙り込んだが、安倍氏はさらにウイグル問題にも言及した。東大に留学中の平成10年の一時帰国中、国家分裂を扇動したとして中国に逮捕されたトフティ・テュニヤズさんについて「彼の奥さん、家族は日本にいる。無事釈放されることを希望する」と求めたのだ。

     「私はその件は知らないので、正しい法執行が行われているか調べる」

     胡主席は、こう返答したが、チベット問題については触れようとしなかった。

    <<

    安倍氏が今でも総理だったら,と思うのは私だけだろうか? まさに後悔先に立たずである.

    保守派の方々も,日本人にとって屈辱極まりないこのたびの福田康夫の媚中ぶりは,安倍晋三という最後の防波堤を失った結末であり,安易な「安倍は辞めろ」の報い・代償でもあると思うべきだろう.

     

     


    【関連エントリ一覧】
    保守運動はいかにあるべきか 

    http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/list/folder/41901

    【本サイトのエントリ一覧】
    http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/list


    JUGEMテーマ:ニュース

    保守大敗(8)福田康夫の教条的媚中;パンダで幻惑,姉歯並の一部日本人;保守派は安倍退陣の報いと知れ

    0

      ★福田康夫の媚中はもはや教条主義の域.
      ★「拉致被害者救出より自分の生活」に続き「毒ギョーザよりパンダ」の愚を晒した一部日本人のエゴ.
      ★保守派は安倍退陣の報いと心得るべき



      少々時期を逸してしまったが,殺人鬼胡錦濤が5月6日〜10日来日した.

      胡錦濤の傲岸不遜とそれに対する福田康夫の卑屈なまでの媚中ぶりについてはすでに多くの方が書かれているので改めて私が書くことはないが,私が気になったことについて書きたいと思う.

      まずは福田康夫についてだが,

      http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/080509/plc0805092127016-n1.htm

      >>

      パンダ有償貸与「疑問は少数派」 福田首相が中国のテレビに

      2008.5.9 21:25

      このニュースのトピックス福田内閣

       福田康夫首相は9日、官邸で中国の中国中央テレビのインタビューを受け、雄雌のパンダ2頭の有償貸与に疑問の声があることに関し「メディアの一部でいろんなことを言う人がいるが、これはごくごく少数派。ほとんどはかわいいパンダを見たいと思っており、手放しで喜んでいる」と強調した。

      <<

      これが大嘘であることはいまさら言うまでもないだろう.
      しかし,こんなことまでするとあっては,福田康夫の反日売国媚中ぶりは単なる利権云々ではなく,もはや反日洗脳・教条主義のレベルではないのか.
      つくづくわれわれ日本人はとんでもない総理大臣をいただいているものだ.



      さて,非難されるべきは福田康夫だけではない.
      このパンダの話,テレビなどでも福田康夫の言葉どおり?「パンダを見たい」と喜ぶ御仁がいたのには呆れ果てた.
      他にも苦言を呈した方がおられるが,そういう御仁らは
      もちろん反日マスゴミが意図的に"真の"少数意見をことさらに強調したり,極端な話ヤラセの可能性もあるだろうが,それにしてもそういう連中は「毒ギョーザ」被害に遭われた方々の感情をまったく考えもしないエゴイストだといわざるを得ない.
      先の衆議院選挙で多くの有権者が民主党の「国民の生活が第一」という耳に心地よい言葉に惑わされて拉致被害者救出を忘れて民主党に投票した.このとき日本人は姉歯秀次以下,JR西日本並みの大罪を犯したわけが,それをまたも見せられた思いで憤りと失望を覚える.

      この件については以下もご参照いただきたい.

      保守大敗(1)拉致被害者の生命を無視した有権者は姉歯秀次以下,JR西日本並み

      http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/entry/252779/




      保守派に対しても苦言を呈したい.
      以前のエントリでも

      保守大敗(2)戦略の欠落など未熟さ露呈した一部保守も安部総理や衆愚有権者と同罪 

      http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/entry/254085/

      保守大敗(3)安倍晋三という最後の防波堤を自ら壊そうとしたも同然の一部保守の大罪 

      http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/entry/300129/

      申し上げたが,「雅子さま」には実にお人よしで物分りがよい論調が少なくない一方で,「安倍晋三」になると口汚く罵る論調が未だに少なくない.「雅子さま」に対する物分りのよさを安倍氏に向けてほしいとさえ思う.

      保守派の人たちは,安倍晋三前総理大臣には100%ばかりを求め,1%でも満たされなかったり失敗したりすると「お坊ちゃん」だの 「本性を現した」だの「辞めろ」だのと口汚く罵ってきた.

      カタカナ語を使ったといっては叩き,中国を訪問したといっては叩き,慰安婦で謝罪したといっては叩き…,さらには安倍氏を支持している人たちにまで「安倍ちゃんマンセー」などと小馬鹿にしてきた.

      先の参議院選挙で自民党が大敗すると,拉致被害者家族の方々の心情さえも無視し,辞めたらどうなるのかを考えもしないで「辞めろ」「辞めろ」と罵っていた.

      そして,彼らの“わがまま通り”,“望みどおり”に安倍晋三が退陣した結果,待ってましたとばかりに福田康夫が急速に動き,あっという間に売国福田政権が誕生してしまった.

      そして今,外国人参政権や人権擁護法案,さらには日朝国交正常化議連など,反日の逆襲が加速してきている.

      安倍晋三氏はあの辞任の仕方には違和感を持ったが,さすがというべきか,胡錦濤に対してピシャリと言ってくれた.

      http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/080508/stt0805081830001-n2.htm

      「無事釈放を…」安倍前首相発言で緊張走る 主席と歴代首相との朝食会 (2/3ページ)

      2008.5.8 18:28
      このニュースのトピックス国会

      >>
       こうした会場の「緩い空気」(出席者)が一変したのは、続いて安倍氏がこう発言してからだ。

       「お互い国が違うので、利益がぶつかることもあるが、戦略的互恵関係の構築に向け、相互訪問を途絶えさせない関係をつくっていくことが重要だ」

       これは、小泉氏の靖国参拝をめぐり中国側が首脳交流を途絶えさせたことを暗に批判したものだった。安倍氏はその上で、「チベットの人権状況を憂慮している。五輪開催によって、チベットの人権状況がよくなるのだという結果を生み出さなければならない」と指摘した。

       会場には緊張感が走り、出席者はみな一様に黙り込んだが、安倍氏はさらにウイグル問題にも言及した。東大に留学中の平成10年の一時帰国中、国家分裂を扇動したとして中国に逮捕されたトフティ・テュニヤズさんについて「彼の奥さん、家族は日本にいる。無事釈放されることを希望する」と求めたのだ。

       「私はその件は知らないので、正しい法執行が行われているか調べる」

       胡主席は、こう返答したが、チベット問題については触れようとしなかった。

      <<

      安倍氏が今でも総理だったら,と思うのは私だけだろうか? まさに後悔先に立たずである.

      保守派の方々も,日本人にとって屈辱極まりないこのたびの福田康夫の媚中ぶりは,安倍晋三という最後の防波堤を失った結末であり,安易な「安倍は辞めろ」の報い・代償でもあると思うべきだろう.

       

       


      【関連エントリ一覧】
      保守運動はいかにあるべきか 

      http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/list/folder/41901

      【本サイトのエントリ一覧】
      http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/list



      今回のみ雅子妃欠席を支持します:胡錦濤”歓迎”宮中晩餐会:反日”次代皇后”の参加は危険

      0
        ★反日国の元首と反日次代皇后,会わせずに正解.
        ★胡錦濤は反日次代皇后をどう見ているのか?
        ★まして雅子妃の実父小和田恒は媚中福田康夫と蜜月

        東奥日報より

        >>
        http://www.toonippo.co.jp/news_kyo/news/20080507010006141.asp

         国賓として来日中の中国の胡錦濤国家主席夫妻を招いた天皇、皇后両陛下主催の宮中晩さん会が7日夜、皇居・宮殿の「豊明殿」で開かれた。

         皇太子さまや、秋篠宮、常陸宮両ご夫妻らが同席。福田康夫首相、閣僚らのほか、戦後50年の「村山談話」を発表した村山富市氏、在任中2度訪中した中曽根康弘氏ら中国とゆかりの深い歴代首相も招かれた。シルクロードを多く描いた日本画家で日中友好協会会長の平山郁夫氏らも出席。療養中の皇太子妃雅子さまは欠席。

         冒頭、陛下と主席が互いにスピーチして乾杯し、フランス料理を楽しみながら歓談。宮内庁によると、中国側から過密スケジュールのため時間短縮の要請があり、メニューを通常より2皿減らしたという。

        (共同通信社) 
        <<

        またか・・・と思われる御仁もおられよう.
        しかし,私は今回に限っては,結果オーライであっても,雅子妃の欠席を支持したい.正直ホッとしている.
        本人が言い出したのか,あるいは出たがったのを宮内庁がとめたのか,どちらにしてもだ.

        なぜなら,反日次代“皇后”と反日国家の元首を会わせるのは非常に危険と思うからだ.

        というのも,すでに明らかにしてきたように,雅子妃には相当な反日性がある.

        http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/entry/108472/

        そして,胡錦濤はすでに福田康夫のみならず,民主党小沢一郎,社民党福島瑞穂,さらには創価学会・池田大作と,次々と反日のトップと会談している.

        http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/143084/

        http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/143188/

        http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/143449/

        これらについて,胡錦濤の意図するところはいうまでもないだろう.

        胡錦濤が雅子皇太子妃という反社会的かつ反日的な次代の“皇后”に目をつけないわけはないだろう.

        「中日友好に皇室の方々が重要な貢献」
        http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/koushitsu/143163/

        という言い方も気になるところだ.
        もしも万が一雅子妃が出席して,胡錦濤に日本を貶めるような言い方でもしようものなら・・・と考えてしまう.
        当然中国はこれを利用しにかかるだろう.

        まして雅子妃の実父小和田恒は媚中福田康夫と蜜月,そのうえ本人も創価の疑い・・・

        雅子妃と国内外の反日を接触させるようなことは危険極まりない.

        【参考】
        西尾幹二先生 月刊WILL5月号P43中段

        >>>>P43中段9〜16行目※斜体下線部は原文では傍点
        ・・・妃殿下のご病状が不透明のままに第一二六代の天皇陛下が誕生し、皇后陛下のご病気の名において皇室は何をしてもいいし何もしなくてもよい、という身勝手な、薄明に閉ざされた異様な事態が現出することを私はひたすら恐怖している。

         そしてそこに,外務省を中心とした反日の政治勢力がうろうろとうごめく。中国の陰謀も介在してくるかもしれない。天皇家は好ましからざる反伝統主義者にのっとられるのである。・・・・

        胡錦濤はこの次代の“反日皇后”にどのような視線を向けているのであろうか?

        関連エントリ


        雅子妃殿下の反日性・左翼性…反日皇后・左翼天皇誕生の危機  
         

        雅子妃の父・小和田恒は売国奴です:「A級戦犯」「日本ハンディキャップ論」福田康夫との蜜月

        http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/entry/111808/

        月刊WILL5,6月号西尾幹二先生ご論文を読んで:徳仁”反日天皇・左翼天皇・人権派天皇”の恐怖  

        http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/entry/156558/

        その他のエントリ(イザ!本局)
        http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/list

         

         


        今回のみ雅子妃欠席を支持します:胡錦濤”歓迎”宮中晩餐会:反日皇族の参加は危険

        0
          JUGEMテーマ:ニュース
          下記フレームが見づらい方やフレームに対応しないブラウザをお使いの方は,お手数ですがこちらをクリックしてイザ!本局にお越しください. ↓こちらは本サイトのエントリ一覧(イザ!本局)です. 誠に勝手ながらトラックバックはイザ!本局へお願いいたします.
          一番上のフレーム内のトラックバックURLをコピーしてご利用いただけます.

          それはまず皇太子夫妻に言ってやってください.産経新聞さん【主張】こどもの日 鏡に「親像」映してみよう

          0

            ★皇太子ご一家が悪い見本を見せていては説得力がありません. 
            ★産経新聞ぐらいは皇太子ご一家のプライベート報道拒否を!

            http://sankei.jp.msn.com/life/education/080505/edc0805050210000-n1.htm

            http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/column/opinion/142661/

            【主張】こどもの日 鏡に「親像」映してみよう
            2008.5.5 02:08
             
            このニュースのトピックス:主張
             赤ちゃんが、主語・述語、動詞・名詞などと格別に文法を学ぶことなしに母語を身に付けることができるのは、身の回りの家族、とりわけ母親の言葉をまねて学び、それを繰り返すうちに慣れて習い取るからである。

             親がぶっきら棒な単語だけの言葉遣いをしていれば、子供の話し方もそうなるし、親が丁寧な言葉遣いをする家ならば、自然に子供も丁寧な物の言いようになる。

             行動様式も同じで、子は親の振りを見てわが振りを学ぶ。親が家庭ゴミをコンビニのゴミ箱に捨てるような行儀の悪いことをしていれば、子供もそれが恥ずべきことと思わなくなろうし、親が平生、公共マナーをわきまえた立ち居振る舞いをしていれば子供もおのずからそのように育つのだ。

             いつの時代でも、子供は親を映す鏡である。わが子を見れば、わが身の美点と欠点が手に取るように分かるはずだ。身近にこんなにもよく映る鏡があるというのに、親はわが子の様子を日々しっかりと目に留めていようか。わが子に自分の姿を映し出して自ら省みるよすがとしているだろうか。

             最近は家族が一緒に食卓を囲まず、めいめいが好きなときに起き出して、好きなものを食べるという「孤食」が増える傾向にあるという。子育てを放棄したり、育てられないからといって子捨てをしたりする困った親の事件もしばしば報じられる。親が子を虐待し、子が親を殺す悲惨な事件も後を絶たない。

             きょうは「こどもの日」だ。昔流にいえば端午の節句で、子供の健やかな成長を願い、また健やかに成長したことを喜ぶ節目節目の式日である。少し前までは、この日にショウブ湯を沸かし、庭に鯉(こい)のぼりがへんぽんと泳ぎ、ちまきやかしわもちで祝う家庭がまだまだ少なくなかった。

             だが、近ごろはどうであろう。クリスマスに張り切る家庭が増えているのに比べ、「こどもの日」は大型連休の一日程度に成り下がってしまってはいないか。

             ともすれば親子のきずなが緩みがちなこんな時代だから、きょう一日、子供の成長ぶりを改めて確認するとともに、子に平生の自分の像を映し出し、親としての自分の姿と向き合ってみたい。

             ともすれば忘れられがちな日々のほころびに気づきを得る。「こどもの日」はそんな「大人の日」にもできるのである。

            【ここまで】

            単刀直入に申し上げよう.
            それはまず皇太子夫妻に言ってやってください.産経新聞さん.

            貴紙が文中で挙げている嘆かわしい親の実態はまさに皇太子ご一家の実態でもある.
            貴紙がいくら世論をリードしようとしても,国民の上に立つ皇太子ご一家があんな有様では,

            「皇太子一家だってやってるじゃない」

            と返されるのが落ちでしょう.

            それにしても

            【皇室ウイークリー】(26)愛子さまの水ぼうそう、完治! ご登校も再開
            http://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/080503/imp0805030830001-n3.htm

            産経新聞ともあろうものが,「完治!」って手放しの喜びようは何ですか?
            さらにその前後

            愛子さま、水ぼうそうに 微熱と発疹
            http://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/080428/imp0804281215001-n1.htm

            愛子さま、すっかりお元気に 皇太子ご一家が栃木入り
            http://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/080503/imp0805031532003-n1.htm

            水疱瘡にかかられて一週間もたたない愛子内親王殿下を遠方に連れ出すというのはまさに小児虐待ではないのか?
            産経新聞もそれをなんとも思わないのだろうか?

            実際愛子内親王殿下の表情は嫌そうなのか辛そうなのか・・・

            どう見ても楽しそうには見えない.

            それにしても産経新聞,北朝鮮や中国や反日左翼には厳しく頼もしいのに「雅子さま」や「愛子さま」になると実に無批判だ.ことさらに甘い.
            やはり産経も媚東宮なのか,と思わざるを得ない.

            皇族相手では・・・というのもあるにせよ,せめて皇太子ご一家の記事をボイコットするぐらいの気概を見せてほしい.
            まして向こうがプライベートの映像に注文をつけてきたのだから,「いえ,両殿下にご満足いただける報道をする自信がございませんので」ぐらい申し上げもよかろう.

            東宮問題についての論調もどこかおかしい 
            http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/folder/22306/

            その他のエントリ(イザ!本局)
            http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/list



            それはまず皇太子夫妻に言ってやってください.産経新聞さん【主張】こどもの日 鏡に「親像」映してみよう

            0
              下記フレームが見づらい方やフレームに対応しないブラウザをお使いの方は,お手数ですがこちらをクリックしてイザ!本局にお越しください. ↓こちらは本サイトのエントリ一覧(イザ!本局)です. 誠に勝手ながらトラックバックはイザ!本局へお願いいたします.
              一番上のフレーム内のトラックバックURLをコピーしてご利用いただけます.
              JUGEMテーマ:ニュース

              月刊WILL5,6月号西尾幹二先生ご論文を読んで:徳仁”反日天皇・左翼天皇・人権派天皇”の恐怖

              0

                ★反日左翼・進歩的思想に毒されつつある徳仁皇太子殿下.
                ★皇太子同妃両殿下が「人権」を口にしたときの恐怖.
                ★反日勢力を喜ばせる天皇陛下でよいのか?
                ★錦の御旗を文字通り反日・左翼に奪われる懸念.



                すでにご報告したように月刊WILL6月号の西尾幹二先生のご論文に光栄にも拙サイトから引用をいただきました.
                西尾先生に先生のブログ管理者様を通じて御礼申し上げましたところ,さらに光栄なことに先生からも御礼をいただき,今後とも拙サイトに注目してくださるとのお返事もいただきました.改めて感謝申し上げます.

                さて,今回は私が西尾先生の月刊WILL5,6月号のご論文を拝読して改めて思うことを述べたいと思う.

                >>5月号P40下段14行目より
                「人格否定」から「時代に即した新しい公務」をへて「プライヴァシー」に至るお言葉は皇族のお言葉遣いの中にかってあっただろうか。天皇家にはなじまない。スローガンめいていて、政治的匂いさえする。・・・・

                >>5月号P41上段10行目より
                そしてこれらのスローガンめいた言葉から、天皇家が絶対に使ってはならないあの言葉、もっとも無縁であるべきあの言葉へはあとほんの一歩である。すなわち「人権」。――――

                >>P43中段9〜16行目※斜体下線部は原文では傍点
                ・・・妃殿下のご病状が不透明のままに第一二六代の天皇陛下が誕生し、皇后陛下のご病気の名において皇室は何をしてもいいし何もしなくてもよい、という身勝手な、薄明に閉ざされた異様な事態が現出することを私はひたすら恐怖している。

                この他,西尾先生は,進歩派左翼がいまや天皇制打倒などという革命的スローガンから「皇族の人権を認めよ.天皇制から開放せよ」という作戦に切り替えていることを,上野千鶴子・奥平康弘らを例を挙げて指摘しておられる.とともに,皇太子殿下らの発言は格好のターゲットにされていることも指摘しておられる.

                やはりである.
                私も
                こちらで書いているが,反日勢力は雅子妃らを被支配側・被害者側に位置づけて肩入れする戦術を重視するようになってきたのである.

                人権擁護法案をめぐる攻防が激化している中,もしも皇太子殿下らが「人権」を口にしたらどうなるだろうか?

                人権擁護法成立を目指す反日勢力は狂喜乱舞するのではないか? 文字通り次代の天皇陛下のお墨付きをいただくようなものだ.
                もちろんその「人権」は普遍的な意味ではなく反権力擁護であり,拉致被害者などの人権を無視したものである.皇太子殿下ご本人らもそういうつもりだろう.
                殿下らの非をかたくなに認めようとしない一部保守派はそのとき必死に弁解するのだろうか.「殿下が人権とおっしゃったのは普遍的な意味だ.拉致被害者の人権も考えておいでなのだ」のように.それとも「恐れ多くも殿下のお言葉だから」と,人権擁護法阻止に及び腰になる御仁も出るのではないか?

                いずれにせよ,そうなれば第126代はまさに「人権派弁護士」ならぬ「人権派天皇」になりかねない.

                さて,西尾先生も指摘されているように,皇太子殿下や雅子妃のを見ていると,まるで悪しき戦後日本・悪しき戦後民主主義の象徴と化している.言うなれば,

                国益・公益を省みない私欲のみの皇太子負債
                義務を忘れ権利のみを要求する皇族
                戦後民主主義皇族

                である.

                さらにそれに加え,先生は5・6月号上で,小和田恒や国連大学の話を挙げ,雅子妃が反日イデオロギーにまみれていることを懸念されている.
                そうなれば,皇太子殿下自身も相当反日思想に毒されてしまっている危険性がある.

                (ちなみに私の該当エントリはこちら)
                http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/entry/108472/

                宮内庁にも東宮職にも相当外務省という反日省庁から流れてきた者がいるわけだが,このとおり皇太子殿下は反日勢力に囲まれてしまっているのである.

                やがて現皇太子徳仁親王殿下が言動に改善が見られないまま即位して,現在のようなお振る舞いを続けられたらどうなるだろうか?

                国益・公益を省みない私欲のみの天皇
                義務を忘れ権利のみを要求する天皇
                戦後民主主義天皇
                人権派弁護士ならぬ人権派天皇
                反日売国天皇

                ということになる.

                今現在,日本には福田康夫という反日売国総理大臣が居座るというあってはならない事態がすでに起きているが,それを上回る事態が起きかねないのである.

                それはまさに,錦の御旗を反日左翼に奪われる最悪の事態である.

                そればかりではない.
                現在,皇太子ご一家を信じきっている一部保守派の方々の中には(そうなるとさすがに目を覚ます方も出てこようが),それでもなお,「皇室のことは皇室におまかせするしかない」と教条主義・思考停止的崇拝を続ける者がいるだろう.
                そうなれば保守派は分裂するのではないか.

                さらに,反日左翼にとっては天皇を自分たちの側に取り込むという,「天皇制廃止」よりもさらにありがたい事態になるのである.

                そして,もしも徳仁天皇が「新たな皇位継承の形があってもいいと思う」などと発言されたらどうなるだろう?
                これ幸いと,女性・女系推進派が再度うごめきだすことは容易に想像できるし,現在,男系男子継承を主張している保守派の方々の中にも「陛下の御言葉」に心が揺らぐ人々が少なからず出てきはしないだろうか?
                そうなれば冨田メモや卜部日記どころの騒ぎではない.

                もうそうなれば反日の完全勝利であり,保守の完全敗北である.
                そして皇室も日本も終わりだろう.
                悠仁親王殿下が天皇陛下になられることもなくなるだろう.


                【以下はエントリを立てた時点での記載です】


                徳仁天皇が即位すれば皇室の権威や国民の皇室への崇敬の念が失墜することは火を見るよりも明らかでしょうが,懸念されるのはそれだけではありません.

                それは,特定アジア3国や反日・売国・左翼勢力による皇室の政治的利用にまんまと乗せられかねない,ということです.
                つい先日,中国の温家宝首相が天皇陛下に北京五輪の開幕式に陛下、皇族の出席を政府の頭越しに“直訴”しました.これに対して陛下は「自分の外国訪問は政府が検討いたします」と述べられましたので(少なくともその場は)事なきを得ましたが。 

                http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/column/47596/
                (4月14日産経新聞主張)より
                >>
                 温首相は天皇陛下に謁見(えっけん)した際、来年の北京五輪の開幕式に陛下、皇族の出席を求めた。しかし、平成4年の天皇ご訪中は中国による政治利用だったことが判明している。要注意だ。
                <<

                もしこれが徳仁皇太子もしくは徳仁天皇だったらどうなっていたでしょうか?
                「喜んで伺わせていただきます」
                と答えたのでは有りませんか?

                関連して,イザ!内のよそ様でいただいたお返事コメントを紹介させていただきます.

                >>
                いわゆる従軍慰安婦問題で、LAタイムズが
                「天皇陛下は自分の家族(昭和天皇)の名において行われた犯罪に対し一歩進んだ謝罪ができる」とする社説を掲載したそうですが、
                もしもこれが何十年か先の話だったら…
                あのお二人で大丈夫なのか…
                将来が非常に不安です。 
                <<

                徳仁皇太子殿下には「やりがいのある公務」「阪神大震災が起こって死海を見られなかった」などの軽率な発言の“前科”があるだけに,政治利用の謀略にまんまとはめられてしまうかもしれません.

                まして殿下には去る4月10日にまたも国連大学での小和田恒がらみの講演へ・・・とすっかり小和田に操られてしまっています.

                もしも小和田に操られた徳仁天皇が「新たな皇位継承の形があってもいいと思う」などと発言されたらどうなるでしょうか?

                これ幸いと,女性・女系推進派が再度うごめきだすことは容易に想像できます.

                のみならず,現在,男系男子継承を主張されている保守派の方々の中にも心が揺らぐ人々が少なからず出てきはしないかと心配です.

                何度でも言います.
                保守派の皆様,これでも東宮問題に黙っているつもりですか?

                【関連エントリ一覧(イザ!本局)】
                2008年2月15日産経抄の東宮家擁護は産経新聞にあるまじき大失態とミスリード
                http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/entry/485132/

                反日勢力に操られる皇太子殿下,国連「水と衛生に関する諮問委員会」の名誉総裁に 
                http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/entry/373856/

                【その他の関連エントリ(イザ!本局)】
                堕落する一方の雅子妃そして皇太子ご一家
                http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/folder/22286/

                【その他のエントリ(イザ!本局)】
                http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/list
                 

                 


                月刊WILL5,6月号西尾幹二先生ご論文を読んで:徳仁”反日天皇・左翼天皇・人権派天皇”の恐怖

                0
                  フォントは最小にしてください.


                  下記フレームが見づらい方やフレームに対応しないブラウザをお使いの方は,お手数ですがこちらをクリックしてイザ!本局にお越しください.



                  ↓こちらは本サイトのエントリ一覧(イザ!本局)です.



                  拙文が月刊WILL2008年6月号西尾幹二先生:「皇太子さまへのご忠言」第2弾に引用されました

                  0

                    西尾幹二先生
                    月刊WILL編集部様

                    月刊WILL2008年6月号の西尾幹二先生のご寄稿において拙サイトからの文言を引用いただいており,感謝申し上げます.
                    P68上段2行目からの文

                    >>雅子妃殿下のお振る舞いにはご病気では説明のつかないことや、ご病気を差し引いてもなお許されないことが数多くあるのです。

                    は拙サイトの【はじめに】ページの

                    http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/entry/101240/

                    で書いたものでした.
                    日本国を憂えるご高名な先生につたない拙文を引用いただき,かつ日本国を憂える良識の書に掲載されましたことを大変光栄に存じます.

                    ただ,P61の最後に内部告発であるかのように書かれておりましたが内部告発ではありません.いろいろな情報を得て判断した上でこういう結論に達しただけですので,その点はお間違えのないようにお願いいたします.
                    (それぐらいインパクトがあったかと,まんざらでもないという思いでおります)

                    西尾先生と月刊WILL編集部様に深く感謝申し上げます.
                    まことにありがとうございました.

                    【以下,前回の記述】

                    去る2008年3月末に発売された

                    月刊WILL2008年5月号

                    西尾幹二先生「皇太子さまに敢えてご忠言申し上げます」


                    http://s01.megalodon.jp/2008-0420-0825-43/web-will.jp/

                    についての関連記事等をご紹介します.

                    まずは西尾幹二先生ご本人のサイト

                    西尾幹二のインターネット日録

                    http://www.nishiokanji.jp/blog/

                    から
                     

                    西尾幹二のインターネット日録20080409『皇太子さまに敢えてご忠言申し上げます』をめぐって(一)

                    http://www.nishiokanji.jp/blog/?p=654
                     

                    西尾幹二のインターネット日録20080413『皇太子さまに敢えてご忠言申し上げます』をめぐって(二)

                    http://www.nishiokanji.jp/blog/?p=655

                    続いて

                    月刊「WiLL」編集部ブログ:オトナのジョーシキ

                    http://monthly-will.cocolog-nifty.com/log/

                    様から

                    月刊「WiLL」編集部ブログ:オトナのジョーシキ20080401皇太子さまに敢えて御忠言申し上げます、への大反響
                     

                    http://monthly-will.cocolog-nifty.com/log/2008/04/post_15f7.html
                    月刊「WiLL」編集部ブログ:オトナのジョーシキ20080407 「皇太子さまに敢えて御忠言申し上げます」へのご意見を募集中

                    http://monthly-will.cocolog-nifty.com/log/2008/04/post_04e2.html

                    なお,西尾先生のお話については後ほど私も書きます.
                    本日(=初回投稿時)は取り急ぎ紹介のみにて.

                    【追伸】

                    併せまして櫻井よしこ先生のサイトからも過去記事を紹介させていただきます.



                    櫻井よしこ ブログ!
                     

                    http://yoshiko-sakurai.jp/

                     
                    櫻井よしこ ブログ!20051203女系天皇容認案の矛盾と危険 日本文明無視の一方的結論とその手法は、第二のGHQだ 

                    http://yoshiko-sakurai.jp/index.php/2005/12/03/ghq/

                    櫻井よしこ ブログ!20060902はじける笑顔の雅子妃に複雑な思い 皇室はなんのために存在するのか?


                    http://yoshiko-sakurai.jp/index.php/2006/09/02/post_464/
                     
                    櫻井よしこ ブログ!20060923『悠仁親王』ご誕生でも低調な世論 皇室への無関心こそ最大の危機 

                    http://yoshiko-sakurai.jp/index.php/2006/09/23/post_465/


                    慶祝 昭和の日:先帝陛下,何卒雅子皇太子妃,徳仁皇太子,愛子内親王に重き罰を下し賜りますよう

                    0

                      本日4月29日は昭和の日であります.
                      恐れ多くも先帝第124代昭和天皇陛下ご生誕の日であられますこの昭和の日,謹んでお慶び申し上げます.

                      さて,先帝陛下には,現皇太子妃となりました小和田雅子氏の入内後の数知れぬ横暴,そして昨今の御孫徳仁皇太子殿下と曾孫であられる愛子内親王殿下の,君子としてあるまじき数々の行状,そして皇室がかくも乱されたことにさぞやお嘆きのこととお察し申し上げます.
                      そもそも小和田恒なる非国民・売国奴の娘,江頭豊なる水俣病の大罪人の孫娘を皇室に入れるなどもっての外であり,先帝陛下が反対なされたのは至極以って当然でございました.

                      しかし,先帝陛下亡き後,無念にも皇室破壊をたくらむ政治勢力の野望により小和田雅子氏は皇室に送り込まれました,そこから皇室の内部崩壊が始まってしまいました.
                      現皇太子御一家は,最早皇室の御役目はおろか,人の上に立たれるということの意味さえも心得ておられず,単なる暴君と化しております.このまま皇位を継承されれば皇室は国民の崇敬を失い,125代にわたる天皇陛下が築いて来られた者がすべて失われることとなりましょう.

                      さらに由々しきことには,憂国の士の中にも,小和田雅子氏はじめ皇太子御一家の非をかたくなに認めようとしない者が少なからずいることでございます.方々の非の事実を指摘しても正面から向き合おうとせずに逃げ回ったり,吟味検証もせずにただ感情的に反発してきたりと,これが憂国の士のやることかと情けなくなります.その様はまるで妄想的平和主義者と変わりません.北朝鮮による日本人拉致をはじめとする世界の冷酷な現実から目を背け,「平和な日本」「世界の平和」などと妄想に浸る愚か者たちと同じであります.

                      一方,その不遜なる愚か者たちは,陛下の御世には単に御皇室を攻撃するという手口を用いておりましたが,皇太子御一家の堕落という現状に,これに肩入れするという新たな手口が出てまいりました.とりわけ小和田雅子氏の“ご病気”を人質に,宮中祭祀の廃止や女系天皇の要求,公人であることを意図的に無視しての政治宣伝など,天皇の形骸化を目論んで来ております.

                      一般国民にしてもご皇室の何たるかをわかっておらず,女系天皇なるものを容認したり,皇太子御一家が公人であることを認識しておらぬ者が後を立ちません.

                      このままでは本当に皇室の未来はないと存じます.
                      先帝陛下におかれましては,何卒雅子皇太子妃,徳仁皇太子,愛子内親王に重き罰を下し賜りますよう,皇室と日本国家をお救い下
                      さいますよう,謹んで御願い申し上げるものであります.

                      悠仁親王殿下に皇位と宮中祭祀が継承されますことを(私はそのころまでは生きておれぬと存じますが)お祈り申し上げます.

                      恐れ多くも先帝陛下に駄文を差し上げましたこと何卒お許しくださいませ.

                      ==========================
                      本日より本ブログのタイトルを変更しました.
                      雅子妃・皇太子御一家の問題の本質と重大さをより訴えて行きたいと思う次第です.

                      雅子皇太子妃・皇太子御一家の現状は"第二の女系天皇問題"

                      http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/list



                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << August 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent trackback

                      • 月刊WILL5,6月号西尾幹二先生ご論文を読んで:徳仁”反日天皇・左翼天皇・人権派天皇”の恐怖
                        ド素人が行く!!
                      • 月刊WILL5,6月号西尾幹二先生ご論文を読んで:徳仁”反日天皇・左翼天皇・人権派天皇”の恐怖
                        ド素人が行く!!

                      recommend

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      言論の自由空洞化を狙った、人権侵害救済法案が閣議決定されてしまいました。断固として阻止しましょう!下記はたちあがれ日本サイト様のPDFチラシを1画像にまとめたものです。

                      Photo

                      皇祖神よ、八百万の神々よ、歴代天皇陛下よ、何とぞ日本国に未来を与えたまえ!!

                      Photo_2 Photo Photo_3 Photo